内山信二、最高月収は3000万円 給料日はレゴを30万円分購入

25日放送の『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)に、芸歴29年目に突入したタレントの内山信二(34)が生出演。自ら「勘違いしていた」と振り返る子役時代の「クズ伝説」を語った。

■レゴは「町買い」

内山によると、子役時代の給料日は25日で、その日だけは「買い放題」を許されていたそうだ。(同番組では、お小遣いについて「一声5万だった」とも告白。


しかし、お金をもらっていると言っても小学生だった内山の興味の向かい先はおもちゃ。特に「レゴ」が好きだったようで、レゴの「買い放題」をしていたのだと言う。しかし、その「買い放題」のやり方が一般人とは違ったようだ。

「ちょっとずつパーツを買ってとかめんどくさいので、ディスプレイされている町を指差して、「とりあえずこの町をください」って。35、6万円しますね」

「我慢して、ためてためて買う?したことないです。「選んだ」こともない」


このように、レゴの「町買い」を告白した内山だが、さらに当時の給料についても明かした。

「ちなみに給料は、当時手渡しだったんです。事務所にとりにいって、僕が数えて。月収は最高3000万円。僕だけじゃなくて、みんな伊勢丹の紙袋とかに万札詰め込んで帰っていました」

(ピン札を数えるのは難しく、指をなめてお札をめくっていたと証言する内山。)


内山のクズエピソードはまだまだ続く


©AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000