福山雅治の自宅侵入 犯人はパートでコンシェルジュ

歌手・俳優の福山雅治(47)と妻の吹石一恵(33)が住むマンションの部屋に、同マンションのコンシェルジュの40代の女が合鍵を使用して侵入。女は福山が使うギターに興味を持ったといった趣旨の供述をしている。

女は、吹石がドアを開けたところで出会い、通報され、逮捕されたという。23日に生放送された『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)で、芸能リポーターの井上公造氏は「芸能人だからという話ではない。セキュリティは完璧なマンションにお住みですからね」と語り、今回の件がいかにして発生したのかについて、同番組に中継で出演したサンケイスポーツの山下伸紀記者に聞いた。

「事件が起こったのは、5月6日ですが、福山さんは高級マンションに住んでいますが、管理がしっかりしている。奥様の吹石さんが帰ってきたところ、誰か女性と鉢合わせになり、110番して事件化しました。結局、この人がコンシェルジュだったことが明らかになりました」

この時、コンシェルジュであればすぐに分かるのでは? との井上氏の疑問に対し、山下記者は「いつもの格好ではない。帽子にコートだったので、いつものコンシェルジュだとは気付かなかったのです」と説明し、逮捕された女が同一人物だとは思わなかったのではとの見解を述べた。


また、今回井上氏は、逮捕された女が、マンション管理会社のパート従業員であるという点についても言及。

「超高級マンションじゃないですか。それなのに、パートがコンシェルジュをやっているというのがにわかに信じられない。そこは福山さん以外にも芸能人が住んでいるので、管理がずさんなので皆さんびっくりしている」


山下記者は、福山がこのマンションに住んでいるということを把握したうえで、この仕事をしていたのではとの可能性も指摘。モーニング娘。が所属する事務所の事務所の下にコンビニがあるが、そこはファンが働いているといった事例も明らかにした。

井上氏は「我々よりもファンはよく知っている。どこに住んでいるとかどのスケジュールとかもね……」と、ファンの情報収集能力には驚いている様子だった。


©AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000