片岡愛之助、「妊活」否定は紀香への気遣い? 芸能関係者は「間違いない」


5月20日発売の写真週刊誌『フライデー』で、歌舞伎俳優・片岡愛之助(44)と女優・藤原紀香(44)夫妻の“妊活”の様子が報じられている。

同誌は5月中旬、銀座の産婦人科で藤原を、そしてそこへ車で迎えにきた愛之助を激写。その後高級中華料理店に向かう夫妻を追いかけると、食事を終えた片岡に激詰めされたのだという。妊活かどうか尋ねると、片岡は「妊活なんてしてないよ。今日は、定期的に行ってる健診や」と否定していたというのだが……。


このときのことについて、実は片岡自身、すでにブログで「珍騒動」として報告している。食事は芸能リポーター・井上公造氏と一緒で、外に記者がいるのは気がついていたという。


片岡は当時の経緯を、以下のようにブログに記述していた。

「エンジンの音もうるさく、閑静な住宅街で、一方通行の道でしたので 近所にもご迷惑がかかるからとお店の人が話に行くと何人も違う場所に人がいて、うち女性1人は、トランシーバーを持ち、注意すると挙動不審に去って行ったらしく。公造さん曰く、あんな車のエンジンかけっぱなしで張り込むのは絶対プロじゃないですよ~、なんだろねーなんて笑っていました」

「食事後、帰途につくべく外に出たらやっぱり撮ってるので、近寄り、話しかけると、プロでした。写真週刊誌の方でお名刺も頂きました」

「盗撮は気持ち悪いですし、やめて頂きたいものですね」


■フライデー編集次長・小柳津次長の話

20日に放送された『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)では、芸能リポーターのあべかすみ氏が、フライデー編集次長・小柳津次長に生電話。


――(あべ)静かなところなのに、張り込みの車がうるさかったという点。井上公造さんは「しろうとだ」と言っていたそうですが、しろうとさんというのはフライデーさんのこと?


「ウチ以外に何社かおりましたので、多分そっちだと思うんですよね」


――他の記者もそこにいたわけですか?


「はい」


――それだけ注目されているということですね。実際のところ、妊活に関してはどう思われますか?


「否定はされていますが、そうはいっても婦人科に月1くらいで行っているわけで、これは明らかに妊活ですよねえ」


――随分ブチ切れられたようですが、記者さんは大丈夫でしたか?


「最初はかなり荒れていたんですけれども、取材だということでいろいろと話をすると和やかに話していただいて。最近紀香さんのブログが炎上とか多いものですから、それに対して愛之助さんも憤慨しているところがあるみたいでね」


――前の方との間にできたお子さんのことについては?


「ちゃんと代理人をたてて、話し合いは続けているからと言っていましたね。もっとツッコミたかったんですけれども、聞いてほしくないという感じがみえて、あまり喋っていただけなかったんですよね」


■「梨園の妻」デビューについて

「妊活」については、あべ氏は「紀香さんが別の病院に行っているという話もあって。ただ、紀香さんが『子供は?子供は?』と聞かれるのも可哀想だから、愛之助さんが気を遣っているのかなと」と解釈。妊活は“間違いない”とみているようだ。


さらに、あべ氏は「梨園の妻」デビューに対する片岡のスタンスも説明。

「(愛之助さんにしたら)今更(騒ぐことでも)という感じみたいです。入籍する時点で、ご贔屓など関係者たちに挨拶などは済ませていることもあり、自分たちの間ではもう“デビュー”している、と。(紀香さんは)今、(四代目坂田藤十郎と結婚した、女優の)扇千景さんや先輩のもとでいろんなことを教わったりして修行しているところ。マスコミが騒いでいるだけで、しっかりと妻の役目は果たされていると」

このように片岡の気持ちを代弁した。


©AbemaTV

『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000