コールドプレイ 名曲「Fix You」が自閉症の少年と両親に奇跡を起こす

「音楽の力」という言葉がしばしば人々を勇気づけるキーワードとして話題になるが、先日メキシコで起きたある自閉症の少年とコールドプレイの音楽の出会いが産んだ心温まる物語が、家族の制作した動画と共に数百万人という人々の心を捉えている。

ノエル・ルイス君はコールドプレイの大ファン、彼に是非生のコールドプレイの演奏を体験して欲しいと父親のバスケスさんはメキシコ・シティのフォロ・ソル・スタジアムで行われた『アヘッド・フル・オブ・ドリームス・ツアー』のチケットを手に入れ家族3人でライブに参加した。

息子の喜ぶ姿を収めようとお父さんのとった映像には、会場にウキウキで向かう姿、大歓声に囲まれてやや不安そうにうつ向くノエル君の姿など、様々な表情が収められている。

大好きなコールドプレイとはいえ、彼にとってはスタジアムでのライブ鑑賞はやや刺激が強よすぎるかも・・・ネットで見ていても少しだけ心配になるような雰囲気。

しかし「Fix You」のギターリフが響き渡ると、彼の目からとめどなく涙が溢れる。寄り添い音楽に身を任せながらも息子の反応が気になっていたお父さんも思わず駆け寄っている。

「Fix You」という曲は「色々な落ち込むことがあって、涙が顔をつたうように流れ落ちるような事があった時は、僕が支えになる」といった内容のラヴソングだが、この親子にとっては支え合う家族愛の歌として、心に響いていたのだろう。最後はノエル君もオーディエンスと共に合唱し音楽を体いっぱいに受け止めている。

この映像は僅か5日間で400万人の人々に感動を与えたが、視聴した400万人の中には、コールドプレイのメンバーも。彼らは公式ツイッターを通じて「こうした出来事が、僕達のやっていることに価値をもたらしてくれているんだ。ルイスさんと素晴らしい坊やこんにちわ!」とコメントを返している。

父親のバスケスさんは「妻とこの映像を、是非皆さんに見て貰いたくて、世界に向けて共有することを決めました。自閉症の子どもたちにもこれだけ楽しめる場所があるんだ。こういった出来事をどんどん探してシェアして行きましょう」と、同じ自閉症の家族を持つ家族にも言葉を投げかけている。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000