「50TA」こと狩野英孝、生LIVEが大盛況 過去最高の60万視聴、コメント数3万件を突破

5月19日19時から生放送されたAbemaTV開局記念『金曜★ロンドンハーツ 50TAプレミアムLIVEin JAPAN』。番組から生まれたアーティスト「50TA」こと狩野英孝のライブの様子が生中継された。

女性客を中心に満員御礼のライブ会場にド派手な衣装で登場した50TA。一曲目からキラーチューンである「ノコギリガール」を披露し、続けざまに「50TAラップ」「あまがみ hold me」で会場のテンションは序盤から最高潮に。曲間では「今日は俺についてこい!」「最高の日にしようぜ」「声出して行けよ!」と観客を煽りまくり。それに呼応するようにオーディエンスの熱もあがっていく。「芸人・狩野英孝」ではなく「アーティスト、50TA」の独壇場だ。

MCでは、一転して芸人としてのトーク力が光る。番組のコメント機能を通じて視聴者とのやり取りや、実家の母の話、散々ドッキリに掛けられてきたこと、「ロンハー」での台湾ライブなど、50TAの誕生から今までの足跡をたどるようにエピソードトークを展開していく。

次の曲では自身が「最も思い入れのある一曲」と語る「涙」をラフなTシャツ、アコギ姿で歌い上げた。5曲目ではSEKAI NO OWARIをオマージュした、マーチング・バンドを編成し、「Over the rainbow」を演奏した。ダンサブルな曲からラップ、弾き語りまでこなし、

一曲ごとにめまぐるしく変化をつけながら、MCと特徴的なボーカルでぐいぐい引っ張っていく。

6曲目の「ファイティングポーズ」では、オーディエンスとの「奥歯ー」とのコールアンドレスポンスも行われ、“一度耳にするとなぜか癖になる”楽曲でオーディエンスを盛り上げた。だが、曲の終わりでは「ここ最近ストレスあったんすよね。どんどん奥歯が削れていくんですよね。食いしばりすぎて歯の根っこに異常がでまして… 奥歯を抜きました」とぼやく一幕も。


ライブ終盤では「アンジェラ・アキよりも先にやっていた!?」という自分へのメッセージソング、「自分にハッピーバースデー」を声を絞るように歌った。と思いきや、「インドの牛乳屋さん」では民族調の難しい楽曲に“50TA流”の答えを見せた。また、アンコールの「ヘビーメタルステーション」ではタイトルどおり、ヘビメタ調の楽曲に挑戦した。

観客からのアンコールは終わることなく続き、「ホントのホントに最後の曲」では「50TAの代表曲」である「Perfect Love」を熱唱。「男子!」「女子!」の部分ではコールアンドレスポンスに加えコメント欄でも書き込みが殺到。コメント数は3万件を突破した。また、視聴数は放送時間が3時間の番組としては過去最高となる60万視聴を記録した。


ライブを終えた50TAは「僕はライブが不定期なアーティストなので、次、いつやるかは僕にもわかりません、それでも今日はありがとう」と満面の笑顔でライブを締めくくった。

「金曜★ロンドンハーツ」発の「ネタ」としてではなく、「ライブアーティスト」としての底力も見せつけた。ライブの終わりでは控室から、会場を後にした観客との会話を楽しみ、ライブの余韻と達成感を共有した。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000