ベッキー不倫報道にSILVAが独特見解「恋愛知ってたほうが人間大きくなる」

タレントのベッキー(32)と、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)の不倫問題で、19日発売の「週刊文春」が、川谷の元夫人がベッキーの所属事務所であるサンミュージックに抗議文を送ったと報じた。これに対し、元夫人の弁護士はサンミュージックを通じて、「1点だけ報道と違う点がある」として、元夫人の率直な心情をマスコミ宛てにFAXで明かした。

この件を取り上げた、19日オンエアのインターネット番組『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)で、芸能リポーターの菊池真由子氏が、謝罪と復帰番組収録の順序について言及。5月2日のベッキーと元夫人の直接謝罪の前に復帰番組のロケが行われていたことを、菊池氏は「4月30日にロケが行われていたことを(元)奥様も了承済みだと、わたしたちは思っていたんですが、実は(元)奥様はそのことを知らず、報道で知りショックを受けたことは事実のようです」と話した。


事実と違う点は、サンミュージックに対して「抗議文」を送ったという点。抗議文ではなく、ショックを受けたという素直な気持ちをサンミュージックの社長につづったということで、元夫人は「もうこれで終わりにしたい」と、騒動を収束させたい意向を示していたという。

これについて、ゲストで歌手・DJのSILVA(40)は、ベッキーのことを「おベッキー」と独特の呼び方で表現し、「おベッキーも32歳だし、恋愛は知ってたほうが、人間ひと回りもふた回りも大きくなりますからね」とコメント。謝罪前にロケを行ったことに対しては「次はもう間違えないから大丈夫じゃない?」とし、「わたしが32のときなんか、申し訳ないけど放送できないよ」と話した。


さらに「ベッキーが羨ましい。この年になったら、こっちが好きでも(相手の反応があるから)言えない。好きな人に好きと言えるのは羨ましい」と、自らの経験を踏まえて見解を語った。


©AbemaTV

『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000