清原被告、謝罪会見はTBSが有力か 記者会見が行われない理由は?

清原和博被告の初公判が17日におこなわれ、清原被告の今後の更生についてさまざまに議論されているところだが、18日のスポーツニッポンは、清原被告が謝罪をする「場」についての見解を報じている。

このことについて『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)では、芸能リポーターの長谷川まさ子氏が、スポーツニッポン文化社会部長・阿部公輔氏に生電話。取材現場の声をきいた。

阿部氏は、これは“飛ばし”なのかという長谷川氏の直球質問に「TBSが最有力」と断言。理由として、清原被告が、薬物疑惑が報じられて以来テレビ出演が減少するなか、昨年『金曜日のスマたちへ』(現在は『金曜日のスマイルたちへ』)では、清原被告の特番を組んだことを挙げる。そこで清原被告は、四国八十八か所のお遍路をやって気持ちを入れ替えているという状況をみせていたのだ。


阿部氏は以下のように分析する。

「清原被告は自分を使ってくれた感謝と、それを裏切ってしまったということがあるので、TBSには申し訳ないという気持ちをもっています。ただ『金スマ』はバラエティ番組であり、今回は刑事事件。ベッキーの不倫騒動とはちょっと色合いが違うので、現実的には難しい。そうなると、報道番組での謝罪かなという話はありますね」


これを受け、長谷川氏は清原被告の記者会見の予定についても阿部氏に質問。阿部氏は以下のように答えた。

「実は、記者会見については、もともと警視庁で保釈されて車から出てくるとき、謝罪をしたかったらしいんです。でも警視庁のほうから、交通の状況でそれは絶対にダメだと許可が出なかった。その時には、清原被告は参ったなという感じだったらしいです。

病院に入ったときも、ずっと自分が一言も謝ることができていないという状況が続いていることに相当心を痛めていたようで、記者会見をやりたいというようなことは言っていたらしい。ただ、周りの人たちからすると、状態がよくないなかで質問に答えるなどということは不可能だということなっていて、だったら広く見てもらえる(テレビ番組のような)ところでという感じになっている」


更生に向け、清原被告の次の一歩に注目が集まる。


©AbemaTV

『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000