清原被告、更生のキーマンは22歳大学生・シングルマザーの「彼女」

清原和博被告の初公判が17日におこなわれた。清原被告の今後の更生についてさまざまに議論されているところだが、18日のスポーツニッポンは、「最大のキーマンは恋人」と伝えている。

スポニチはこれまでにも、清原被告が2月2日夜に逮捕される直前まで、自宅マンションで一緒に過ごしていた交際女性がいることを報道。女性はハーフ美女で、22歳の現役大学生ながら、一児の母であり銀座クラブのナンバーワンホステスだったこともあるという。


『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)では、芸能リポーターの長谷川まさ子氏が、スポーツニッポン文化社会部長・阿部公輔氏に生電話。取材現場の声をきいた。


――更生のカギが、ハーフ美女というのは?

「この方が、清原被告が逮捕される直前まで一緒にいた方。更生にあたって、清原被告が仕事をするにあたっても、その“アテ”や心の支えとなる人が必要。そのため、周りの人も含めて、清原被告本人としても、この人がなんとかこのままお付き合いをしていただけないものかという感じになっていますね」


阿部氏によると、女性の父は大手広告会社役員で、昨年10月くらいには食事会をするなど紹介済み。ただ、女性の「これから支える覚悟」については、こう話す。

「そこなんですよね。逮捕直後にショックを受けていたという話は聞いています。関係については、まだ彼女のほうは(清原被告を)好きというような話は聞いたんですけれど、それから随分経っていますからね…。お子さんもいて、自分の生活をしていかなくてはいけないなかで、“清原の彼女”ということでは仕事もなかなかできず、今後の不安も抱えている」


――2人は連絡をとっているのか?

「電話で連絡はとっているようです。会ってはいないと聞いています。ただ、周りの人は支えてくれる人として欠かせない存在と言っています」


©AbemaTV

『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000