元NMB48山田菜々、穂川果音、菊池友里恵が「360度全方向撮影できるカメラ」を使ってみた

5月17日、AbemaTVの報道番組「Abema Prime」内で、5月10日から始まった新企画「これ来る?ガジェット」が放送された。同コーナーでは元NMB48の山田菜々と番組アシスタントの菊池友里恵、そしてIカップ気象予報士の穂川果音の3人がこれから流行るであろう最新ガジェットを紹介する。

今回紹介されたのは360°全方向撮影できるというカメラ「THETA S」。このカメラは長細い手のひらサイズのスティック状のカメラで、前後にドーム状のレンズが付いており、簡単に360°撮影できるというのだ。

実際に撮影してきた映像がスタジオには流れた。すると正面に山田が踊っている姿が映し出され、パソコンで映像を回転させると最初は映っていなかった菊池と穂川も映し出された。パソコンのマウスで簡単に操作ができ、撮影した映像を360°楽しむことができた。さらに天井や床まで見ることもでき、菊池の「蛍光灯たくさんあるんですねぇ」という天然ボケな感想が飛び出た。

穂川のダンス映像に見とれていたケンドーコバヤシは山田からこのカメラをどのように使いたいか尋ねられると、ゲストコメンテーターとしてスタジオに来ていた漫画家・峰なゆか氏の方を向き「峰さんと2人でいろいろ実験してみたい」と答え、峰氏もまんざらでない表情だった。


※実際の動画はこちら↓

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000