清原の初公判に佐々木が出廷 「ありがとう」と涙

5月17日、覚せい剤取締法違反で逮捕された清原和博被告(48)の公判が東京地裁で行われたが、清原被告の様子はどのようなものだったのか。17日にAbemaTVで生放送された芸能ニュース番組『芸能㊙チャンネル』で、日刊スポーツ文化芸能デスク・竹村章氏が清原被告の様子をリポートした。

検察側の冒頭陳述では、覚醒剤を始めたのは、「遅くとも現役を引退した後」とされており、これは場合によっては現役時代も覚醒剤を使用していたことを示唆するものである。だが、弁護人と清原被告は「現役の時は使っていない」と否定した。また、覚醒剤に手を染めるようになったきっかけについては、引退後の生活が乱れを説明されたという。元々膝の具合が悪かったというのに加え、プロ野球のコーチや監督になりたいという気持ちがあったもののオファーがなく、心の隙間に覚醒剤が入ってきたというのだ。


あれだけの成績を残した大打者なだけに、番組MCの芸能リポーター・井上公造氏は「成績からは考えるとコーチや監督の話はあるだろうと思ったのでしょうね……」と意見。

竹村氏は「でも現実にはオファーはなかったのでしょうね。成績だけでなく、性格とか人間関係とかもあるのでしょうね」と述べた。


井上氏は、清原被告の現役時代の晩年は、とかく「番長」などとコワモテイメージになり、スーパースターではあるものの周りからすると使いづらいという空気感があったのではと意見した。これに対し、竹村氏はこう語る。

「強打者なので、ピッチャーからは厳しい攻めを受けます。それに対して本人はそうされない(ナメられない)ためにも番長キャラを作っていたのですが、それがブランドだけでなく、違うところに番長キャラが出てしまい、そちらの方向に引きずられたという印象があります」


清原被告は公判では2人の息子の名前を出して申し訳ないと述べたという。なお、元妻でモデルの亜希(47)の名前は出さなかったそうだ。また、この日は横浜ベイスターズとシアトル・マリナーズで活躍した清原被告と同年齢で「大魔神」として知られる佐々木主浩が弁護側の証人として出廷。佐々木氏は、MLBでも成功し、家族もいるだけに、この法廷に立つことはかなりの勇気が必要だったと思われるが、これについて公判後に記者に聞かれ、「やめた方がいいとも思ったが、友人の清原の助けたいという思いで立った」と語った。


佐々木氏が法廷で話をしている時、清原被告は目を潤ませていたという。最後に2人は握手を交わしたが、法廷で握手というのはあまり目にしないもの。清原被告は「ありがとう」と佐々木氏に伝えた。また、今回の求刑は懲役2年6ヶ月だが、これについて竹村氏は予想通りだと言う。「検察も、今回の逮捕された案件だけを扱っているので、前に遡ってはやっていない。31日に判決が出ますが、常識的には執行猶予がつくのかなと思います」と見解を述べた。

これまでの覚醒剤関連のケースでは、田代まさしが懲役2年・執行猶予3年、酒井法子と小向美奈子が懲役1年6ヶ月・執行猶予3年で、ASKAは使用量が多かったことなどもあり、懲役3年・執行猶予4年の判決が出ている。竹村氏は清原被告については執行猶予3年が妥当だと見ているようだ。今後の清原被告について、井上氏は厳しい見方をする。

覚醒剤ってそんな簡単に辞められるものではない。皆、反省してもやめられないんですよ。過去にコンビニの便所でやったとした場合、罪を償った後に、コンビニでペットボトルの水を見ただけでフラッシュバックが始まって我慢できなくなってやってしまうってこともあるし、塩や砂糖を見てもフラッシュバックが来たりするものです」


田代まさしの場合は出所後に握手会をした際に、来客が手の中に紙切れを握っていて、そこに連絡先が書かれてあったという。この連絡先は覚醒剤の購入先で、覚醒剤を断ち切ろうとした者であっても誘惑はあるのだ。それほどの怖いものであり、番組では清原被告の今後が不安視された。


©AbemaTV

『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000