渡辺直美、アポなしロケで大パニック ファンに揉みくちゃにされる

5月14日20:00~23:00までAbemaTVで「渡辺直美と過ごす夜〜なまらスキスキすすきの編〜」が生中継される。番組内では渡辺直美ととにかく明るい安村の2人がAbemaTV特別大使に就任し、北海道でもAbemaTVを広めるため、すすきのを奔走する。

番組は視聴者からのコメントに従って、札幌の歓楽街・すすきのをぶらり街歩きする「完全ノープラン」。最終的にはすすきので100人の視聴者を集め大宴会を開くのが目標だ。

最初の北海道名物のザンギの名店「布袋」では人気のあまり、客のザンギを食べることしかできなかった2人だが、次なる目的地を海鮮丼に絞った。だが、「腹が減ってやばい」という2人は目の前にある豚まん屋さんに寄りたいと主張。すでに車の周囲はファンでごった返しており、明らかに危険な状態。「ゾンビ映画だったら絶対死んでるって!」と殺到するファンを目にし、戦々恐々とする2人だったが、スタッフの静止を振り切り、意を決して車のドアをオープン。

案の定、カメラを構えたファンたちが大量に待ち構えており、もみくちゃなってしまう。「危ない!危ない!」と叫びながら、ファンの絶叫に飲み込まれ画面から渡辺が消えてしまう一幕も。代わりに必死になって安村がなんとか豚まんを購入したが、ファンの輪は増え続け、ロケバスにほうほうの体で戻った2人。バスに戻ってみると、安村のカラダには見たことない傷があったことに加え、パンツがずりさげられ半ケツの状態だった。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000