小林幸子似のオスカー美少女タレント セクシーゾーンを公開し放送事故

AbemaTVの芸能ニュース番組『芸能㊙チャンネル』に、今年オスカープロモーションに移籍したタレント・入矢麻衣(23)が出演。登場するやいなや、「自己紹介いいですか?」といって「元気ですかー!1、2、3、鼻毛ぴょーん!!」とブチかまし、MCの南圭介や芸能リポーター・菊池真由子氏の度肝を抜いた。

「米倉涼子になりたい」

「打倒小島瑠璃子」

という入矢は、兵庫県出身。公式プロフィールによると趣味はホラー映画鑑賞・爬虫類好き(蛇、トカゲなど)で、2010年10月には「M-1グランプリ2010」1回戦への出場経験もあるといい、正統派美少女というイメージがあるオスカー所属にしては、確かになかなかユニークなキャラクターの予感…。


黒髪ロングストレートヘアーは清楚なイメージであるものの、元来ギャグネタが大好きの様子。高校生の頃からコツコツ考案しており、その数は現在1万個にのぼるという。番組では稲川淳二の物真似をしたり、山村紅葉から「若いときの小林幸子に似ている」と言われたことを明かしたりするなど、独自路線を暴走し、終盤には一発ギャグを披露する場面も。

五十音の一文字を言えば、それから始まるギャグを披露できると豪語する入矢。「こ」では

「ここ、ここ、ここ、ここ、セクシーゾーン♪」

とリズミカルに歌いながら胸元や股間を手でおさえてみせ、南も大慌て。その他「全力で雨を避けています」というナゾのダンス(?)を見せるなど、スベリ芸も多数。


南は「スタジオの温度差がすごいです! エルニーニョ現象が起きています」と収拾を図り、コメント欄にも「放送事故」「可愛いのに」などと見た目からのギャップに驚く声が続出したが、当の入矢は、放送終了後に更新したブログで「めっちゃ楽しかったあああ!一発ギャグもうけてよかった☆え?うけてたよね?一発ギャグ増やさないとなあ~」と、さらなるパワーアップを決意しているもよう。「これからもオスカー美少女入矢は強心臓でがんばりまーす」と宣言している。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000