元NMB48・山田菜々 ビルマからの元難民男性を直撃取材

10日にオンエアされたAbemaTVのニュース番組「Abema Prime」では、「日本は移民国家になるべき!賛成?反対?」をテーマに議論が行われた。出演したのは、賛成派はブラジル・サンパウロ市生まれで、1990年に日本に留学し、移民やメディアを研究する傍ら、ジャーナリストとしても活動しているアンジェロ・イシ氏。反対派はエジプト出身のタレント・フィフィや経済評論家の三橋貴明氏ら。

賛成派は、移民がもたらす多様性等について述べるとともに日本に馴染むことができると説明し、反対派は、移民を受け入れても経済が活性化するわけではないことなどを挙げた。同テーマの後半では、「日本はもっと難民を受け入れるべき?」に進んだ。


今回、元NMB48のタレント・山田菜々(24)が東京・高田馬場にある「リトルミャンマー」の実態を取材しに行ったVTRが流れた。ビルマ(現ミャンマー)でのクーデターの際、日本に逃げてきて、8年後(1997年)に難民に認定され、現在はミャンマー料理店を営むタン・スィゥさんにインタビューをした。

タン・スィゥさんは「日本は平和な国なので自由に生きることができる。だからもっと難民を助けてあげてほしい」と訴えた。

山田は難民について深く考えたことがなかったが、この取材を通して考えることができてよかったと総括した。


「AbemaPrime」は毎週月~金曜日 20:00〜21:50「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000