中居正広らが被災地に「サーティーワン」を持っていった理由

SMAPの中居正広(43)と笑福亭鶴瓶(64)、そしてナインティナインの岡村隆史(45)らが5月7日、熊本県南阿蘇村や西原村の熊本地震の避難所を再び訪れていたことが判明した。中居が熊本地震の被災地を訪れたと話題になったのはこれが2度目。3人は避難所で、携帯用ゲーム機や「バスキン・ロビンス(サーティーワン)」のカップ入りアイスクリームなどを配布したのだという。

9日に放送された『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)でもこのニュースは取り上げられ、番組MCの芸能レポーター・井上公造氏はそのアイスクリームに注目していた。


被災地では保存が難しく、なかなか手に入らないというアイスクリーム。3人からのこの差し入れには、老若男女問わず多くの被災者が感激したという。


井上氏はアイスクリームの銘柄としてサーティーワンを選んだことを賞賛。「サーティーワンって今、アイスクリームを買うだけで、その何%が義援金として寄付される」と語り、「わざわざそこまで調べて、そのアイスクリームを持っていっている」と3人に感心していた。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000