浪速のエリカ様、結婚報道の裏側を告白 相手の顔は「ショーンKより少し薄い」

「浪速のエリカ様」として知られる上西小百合衆議院議員(33)が、年内にも50代男性と結婚へ、と日刊スポーツが報じた。同紙によると、この男性はショーンK氏似で、上西氏との男性は乗り気でロールス・ロイスなど数台を所有するセレブなのだという。

ここで、この真相を確認すべく、9日に生放送されたAbemaTVの芸能番組『芸能㊙チャンネル』で、番組メインの芸能リポーター・井上公造氏が上西氏の議員会館に電話をし、真相を直撃した。

上西氏は、今回の記事により大騒ぎになっていると説明。事務所には取材電話が鳴り響いていてびっくりしたのだという。

また、「経歴詐称」で名高いショーンK氏似と報じられたことについては、「あの系統の顔かなとは思う」と説明した。井上氏は「濃い顔かな。イケメン?」と聞くと「もう少し薄いかもしれないけど」と答え、ショーンK氏ほどの濃い顔ではないものの、濃い顔であるとの認識を示した。

報道によると、この男性は、投資家として活動し、ロールス・ロイスを保有する人であるとされているがこの点について井上氏から確認された上西氏は「一般の方なので、仕事やプライベートを言うのは怒られるので……。会社を経営しています」とその男性のことを説明。そして、出会いについてはこう報告した。

「去年の3月の頭ぐらいに東京の支援者がいらっしゃるので紹介しますよ、と言われたのが最初。そこから親しくさせていただいています。去年の(私の不倫旅行)疑惑報道の時に誤解だよねと理解してくれ、今も政治活動を理解してくれています


このように、現在交際中の男性は上西氏への理解を示していると明らかにした。そして、井上氏は日刊スポーツが結婚に関する記事の見出しで「?」や「結婚か?」といった「疑惑的」な見出しをつけていないことについて「決まりかな?」と核心を突いた。


すると上西氏は「時期が決まってるわけではないですが、私はお付き合いする時は、将来を見据えてちゃんとしたいタイプなので。将来そういったことは……。結婚願望はあるので、そうなればいいな、とは思います」と語り、さらには「国会議員で女性は9.5%しかいないので、女性の声が届かない状況があります。18歳選挙権もあります。これに私は取り組んでいますが、色々やらなくてはいけないことがあります。自分の環境が変われば変わるほどやることはあります」と語った。

また、井上氏が「結婚しても政治家は辞めないのね?」と聞いたところ「一生の仕事だと思っているので頑張りたいと思います」と政治活動に邁進すると決意表明をした。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000