長瀬&神木がMETROCKに参戦! バンド名は「地獄図(ヘルズ)」

長瀬智也(37)と神木隆之介(22)の共演で話題となっている映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』内に登場するロックバンド・地獄図(ヘルズ)が、野外ロックフェス『TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016』(以下、METROCK)に参戦することが5日、発表された。同作は宮藤官九郎氏が監督と脚本を担当し、6月25日より公開される。

バンドメンバーはボーカル&ギターのキラーK(長瀬)、ギターの関大助(神木)、ドラムのCOZY(桐谷健太・36)、ベースの邪子(清野菜名・21)だ。

5日に放送された『芸能㊙チャンネル AbemaWEEKスペシャル』(AbemaTV)でもこの話題は取り上げられ、芸能リポーターの菊池真由子氏はチケットが売り切れたことを残念そうに語った。

しかし、ここで同番組のアシスタントを務めるサイバーエージェントの女性社員「みっつ」から朗報が。「今皆さんがご覧になっているAbemaTVで21、22日と(METROCKを)独占生放送。あ、独占か分かんない。(笑)」と、突然、生中継の告知を始めたのだ。

みっつは「分かんない」としていたが、独占との情報は正。5月21日、22日の2日間にわたって行われるMETROCKの様子をAbemaTVで生中継する。


映画公開を前に、地獄図の奏でるロックを聴きたい方は、AbemaTVの独占生中継に注目だ。


©AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000