SMAP解散をジャニー社長が否定 事情通は「9月解散はない。ライブは東京ドーム」

今年1月に「解散騒動」が持ちあがったSMAPの解散について、所属事務所・ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏が「ないよ」と明言したことがスポーツ紙で大きく報じられた。

この真相について、同日AbemaTVで生放送された芸能ニュース番組『芸能㊙チャンネル AbemaWEEKスペシャル』にて、ジャニーズ関連の取材を長きにわたって行ってきた芸能リポーターの駒井千佳子氏が見解を述べた。駒井氏はジャニー氏の「ないよ」はその通りだと断言。

世間の見方としては「とはいってもさぁ……」といった意見があるというが、駒井氏はこれを一蹴。

「うがった見方をする人もいるかもしれないですが、『ジャニーズ事務所』という事務所なのですよ、社長の名前を冠した事務所です。どんなタレントに聞いても、尊敬する人はジャニー社長だと答えます。他のタレントを尊敬しているとい答える人も当然いますが、最後はジャニー社長なんです。(SMAPリーダーの)中居(正広)君もジャニー社長との絆が深く、お正月に会って来たり、社長の誕生会にも訪れています。昨年は司会もしたほどです。それぐらい仲いいし。ジャニーさんと中居さんは連絡を取りあっているということは聞いています」


駒井氏によると、ジャニー氏は所属タレントから電話されると喜ぶのだという。そして、タメ口で喋るように要求されるばかりか、敬語で喋ったら怒られるそうだ。敬語を使って派いけない理由については「YOUと僕は友達でしょ」と言われるほど。


しかしながら、「とはいっても……」や「SMAP本人が言っていない以上……」といった声はくすぶり続ける。これについて駒井氏はこう語った。

「今、SMAPが喋るわけにはいかないでしょ。誰かがしゃべったら、大きな騒動になる。私が人づてに聞いたのは本人達が『僕たちは大丈夫です』と言っていたということ。ジャニー社長が『(解散は)ないよ』と言ったということは、SMAPも一つになって、という気持ちもあるはずです。


1月の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)内での謝罪については、要はあそこで生放送で頭を下げる必要があったんです。一旦は線を引いた。そこで『彼らが言ったんだから…』ということでジャニー社長が(今回に至るまで)対応しなかったというのがある。生放送の直前にSMAPはジャニー社長に会っています」


◆SMAP9月解散説は果たしてどうなる?

また、SMAPと事務所の契約が切れる今年9月の解散という憶測もあるが、ジャニー社長は「ありえない」と答えた。これにも駒井氏は同意。

「私は元々ないと言っていました。これはジャニー社長か、SMAP本人が言わなくちゃ払拭されないでしょ。社長が言ってるのだから、本当にないです。(今後の活動で)本格的に戻るのはコンサートだと思っています。そこでファンの皆さんに、自分の気持ちを喋るのでは。年内にコンサートがある可能性は高いです。SMAPは2年に1回ツアーを行うので、本来ならば今年。

これについてはは事務所も前向きにこれから作っていきましょう、ということです。ですから、具体的などういうことをするか、いつというのは明言はできない。ジャニーズ事務所ってコンサートホールとかドームとかは年間契約をして押さえていくので、急に発表になるかもね。SMAPの場合、過去に1ヶ月前を切って発表ということもありましたし」

これを補足する形で、番組に登場した芸能リポーターの島田薫氏も「大きな会場に聞くと、『押さえてはいるけど押さえているけど誰が使うかは分からない。突然あるかも、とは思う』と言ってましたよ」とのことで、ジャニーズ事務所が複数の会場を何かのために押さえているという状況は存在するようだ。


駒井氏はそのうえで、あくまでも「ジャニー社長」こそがプロデューサーであり、その人物が「解散はないよ」と言っている以上「ないものはない」というスタンスを明確にした。そして、SMAPのコンサートについては「可能性としてあるのは、ジャニーズ的に毎年やってるけど発表していないのが、9~12月。出るのは関ジャニ∞や嵐だったりするかもしれない。今、決まってるのはNEWSとキスマイ。だからSMAPについてはまだ分からない。でも、やるのであれば東京ドームでしょう!」

©AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000