業界のトップたちが影響を受けたアニメを激白 「日本のアニメーション100周年プロジェクト」

秋葉原で4月19日(火)に開催された第6期ABPFプレ開催シンポジウムにて、日本動画協会「日本のアニメーション100周年プロジェクト始動宣言。」が開催。同プロジェクトは、1917年に日本のアニメが東京・浅草で公開されてから、ちょうど100周年を迎える2017年にむけて、日本のアニメ業界を代表する会社の代表を中心に発足されたもの。

シンポジウムの冒頭には、推進会議の座長を務める株式会社アニプレックス取締役会長の植田益朗氏が『機動戦士ガンダム』のシャア・アズナブルのコスプレ姿で登壇。同プロジェクトが取り組む3つの企画を発表し、それぞれの担当者が具体的な企画内容の紹介をおこなった。

まず、株式会社トムス・エンタテインメント特別顧問の吉田力雄氏によって紹介されたのが、「日本のアニメ大全」である。この100年間に制作された日本のアニメーションのデータベース化を行い、アカデミックな見地から日本のアニメーション文化とその創造力を、世界に発信するという試みだ。

次に、日本アニメーション株式会社代表取締役社長の石川和子氏から紹介されたのが、今後世界で活躍する第2の宮崎駿の発掘・育成を目指し、日本の教育課程に積極的にアニメーションを取り入れる「アニメーション教育・人材発掘」である。


そして3つ目として、株式会社サンライズ代表取締役社長の宮河恭夫氏から、「日本のアニメ大全」を基軸に国内外で企画展やフェスティバル型の国際見本市を開催する「アニメNEXT100」の構想が紹介された。


最後に、「この100年に作られたアニメ作品で、一番印象に残っているものは?」という質問に対し、登壇者はそれぞれ悩みながらも、『ルパン三世 カリオストロの城』(吉田氏)、「世界名作劇場」シリーズと『ちびまる子ちゃん』(石川氏)、『未来少年コナン』(宮河氏)と回答。シャアのコスプレをした植田氏は、自らも制作に携わった『機動戦士ガンダム』を挙げ、「この作品に出会っていなければ、いまの自分はなかった。まさに人生を変えてしまった1本」と語り、「早く新しいガンダムを若い世代に作ってほしい」と未来のクリエイターに期待をかけていた。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000