橋下徹、舛添都知事の高額すぎる海外出張をバッサリ 「残念。絶対に必要ない」

5月2日に放送されたテレビ朝日系の人気トークバラエティ『橋下×羽鳥の新番組(仮)』で、MCをつとめる元大阪市長の橋下徹が、巷を騒がせている舛添要一東京都知事による高額海外出張についてコメントし、視聴者からの注目が集まっている。


前回の放送では、論客たちの不甲斐ないトークぶりに、橋下が思わず強烈なダメ出しをして注目を集めた同番組。こ の日は保育園の建設問題や、熊本地震に便乗した窃盗事件、最近急増している地方議員の不祥事など、このところ巷を賑わせている様々な社会問題を取り上げ、橋下&トークゲストらが見解を披露することとなった。


そうした中でトークテーマとして登場した舛添要一東京都知事による高額海外出張について橋下は、「ものすごい残念。桝添さんちょっと今、意地になってる」「いや、こんだけお金かかるんだっていうふうにあそこまで言ってしまったからね。かからないです、こんなの」とした上で、自分が大阪府知事だった頃にイギリス・フランス・ドイツを訪れた際に、自分を含め7名で400万円以下の予算で行けたことを例として挙げ、「VIPとの面会は、自分のホテルに呼んでやりません」「スイートルームなんか絶対に必要ない」と、「VIPとの急な面会」を口実に高級ホテルのスイート泊を正当化した東京都側の発表ににダメ出し。


これに対し、ゲストの麻木久仁子からは「知事の“格”も考慮してはどうか?」という声も挙がったが、これについても橋下は「公職に就いてる人間は、スイートに泊まろうが、そのファーストクラスで行こうが、それで格なんか変わりませんよ」とバッサリ。舌鋒鋭くその問題点について語り、視聴者の注目を集めることとなった。


大阪市長だけではなく、大阪府知事経験もある橋下は、つい先日も自身のtwitter上で、「舛添さん論理破綻。危機管理上、公用車利用を正当化するなら、湯河原から自宅までも、それに休日もプライベートも全て公用車を利用すると堂々と主張しないといけないね」と語って注目を集めたばかり。今後もその切れ味の鋭いトークに多くの視聴者たちが注目しそうだ。


『橋下×羽鳥の新番組(仮)』は毎週月曜夜11時15分から放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000