元テレビ朝日アナ・龍円愛梨さん 熊本地震と認可外保育園に意見

28日にオンエアされた、AbemaTVのニュース番組「AbemaPrime」では、熊本地震の被災地の乳幼児が現在必要なことについて、現地のからの報告を交えて生中継された。この日登場したのは、元テレビ朝日アナウンサーの龍円愛梨さん。番組キャスターのテレビ朝日・小松靖アナとは10年前にともに番組を担当していたそうで、二人とも感慨深げだった。

トップニュースでは、熊本地震において、フィンランドから緊急に仕入れた支援物資の「乳児用液体ミルク」が紹介された。これが5000パック熊本には運ばれたが、常温で保存可能で水で溶く必要がないのだという。保育士によると「水が出なくて、子供にミルクを飲ませたいけど、飲ませられないという声が上がっている。(このミルクであれば)そのまま子供達に飲ませられるということでありがたいかなと思った」とのことだ。

このミルクは、常温保存で150日もち、冷蔵庫に入れれば2日もつ。

龍円さんは「何かあった時に、息子が飲めるのはミルクしかなかったので、アメリカに住んでいた時は持っていました。避難所とかでは煮沸消毒とか、お湯で溶いたりできないから、お母さんがどうなさったのか心配していたので、助かっていると思う」と述べた


そして、ここで中継が繋がったのが熊本認可外保育所・ニコ保育園の山下礼園長だ。ニコ保育園は2月から運営を開始。4月から5人が登園してきたが、今回の地震を受け「お困りのお子様がいるのかな」ということで受け入れを開始したのだという。35人までの受け入れが可能だが、現在は一時預かりの子供が8人ぐらいいるようだ。

龍円さんは「また大きな余震が来るのでは? という不安の中、子供を預けるというのは本当に苦渋の決断ではないでしょうか。親御さんも一緒にいたいので、苦渋の決断でしょうね。揺れる度に『あっ…』と心配になるのでしょうか。親御さんはどんな様子ですか?」と質問。

これに山下さんは「本当に助かります、という声が多い」と述べ、小松アナは「認可外ということで、条件が違う。だからこそできることもあるんだなと思いました」とこういった状況で認可外保育園ができる役割について意見した。


「AbemaPrime」は毎週月〜金曜日 20:00〜21:50「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000