インパルス堤下 生放送中に司会交代させられ帰宅

4月27日に放送した若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』では、パパコメンテーターの藤本敏史(FUJIWARA)がお休みのため、代打として水曜日の初回放送にも出演した、堤下敦(インパルス)が登場した。

堤下は「昨日の夜電話してきて『堤下さん出てください』はないだろ!俺だって家族の予定があるんだよ!」と番組のオープニングからキレキャラを爆発。水曜キャスターの藤田ニコルからは「一緒にオーガンジーした仲じゃん」となだめられたが、藤本のお休みは1週間前にわかっていたはず…と、急に呼ばれたことを嘆いていた。ところが、紀アナの「サプライズですよ」の一言に爆笑。「出演のサプライズって何よ!」と言いながらも「嬉しいですけどね!」と、本当は喜んでいたことを明かした。

堤下は、ニュースコーナーの「原宿ヘッドライン」でクールビズの話題に「年中クールビズの堤下さん」と振られると「山下清」のモノマネでノリツッコミを披露。ニコルからは「よくできました」と褒められていた。さらに「おにぎらず弁当」の試食でも「ぼ、ぼ、ぼ、ぼくはおにぎらずは作れないんだな」と、またもやノリツッコミで番組を盛り上げた。

番組がいい雰囲気で進行したかと思いきやー。スタジオ後ろのガラス窓越しに藤本が出現。「なんでここにいるの?今日は僕の回じゃないの?」と驚きを隠せない堤下。そこに紀アナが「堤下さんありがとうございました!」と畳み掛けると「どーゆーこと?!」と言いながらスタジオの外へ。藤本と対面した堤下は「今日、僕の回って聞いて来たんですけど」と困惑しながら伝えると、藤本から「俺がいない間の、お茶を濁す感じの(立ち位置)」と言われ、さらに「お前ヒマか!」とツッコミを入れられた。しかし、藤本は「ごめんね。ほんまに2回も。ノーギャラで」と堤下に労いの言葉をかけ、パパコメンテーターの交代劇に幕を下ろした。

藤本がスタジオに登場して17分後—。エンタメのコーナーを放送していた出演者たちがザワつき始める。先ほど藤本がいた場所、そこにはガラス越しにスタジオを見つめる、堤下が。番組中に、子供との約束を破って出演していることを話していた堤下。なぜ帰らないのか?「やっぱヒマなんだよね」とニコル。藤本も「(ヒマなら)来いや」と誘ったが、堤下は首をふり、頑なに拒否して帰って行った。藤本は「帰るタイミング悪くない?ツッコミのタイミングも悪いしな」と、その場から消えた堤下にダメ出しをした。

来週、あの場所にもしかしたらー堤下が、呼ばれなくても参加しているかもしれない。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000