ヒラリー・クリントンってどういう人なの? 日本人ボランティアが語る

ニュース番組『AbemaPrime』(AbemaTV)27日放送で、「アメリカ大統領選」が特集された。番組では、民主党のヒラリー・クリントン候補の選挙対策本部で、ボランティアとして活動している日本人・江木園貴(えぎ・そのき)さんがいるニューヨークとSkype中継を繋いだ。

江木さんは、東京でコンサルティング会社を経営しているが、今回、ヒラリー氏の元でボランティアを行うために社長業を1年間休業。その理由について江木さんは、自身がコンサルティング業をはじめるきっかけをくれたのがビル・クリントン氏であり、「20年越しに恩返しができる」と思ったからだと説明した。

ヒラリー氏の現場での印象は、「女性だし、母親だし、やさしが滲み出ている。近くにいたらそんなに悪い人じゃない」。推薦理由は「マイノリティに手厚いところと、子どもたちの教育に熱心なところ」とし、具体的には、未成年犯罪者が刑務所でも教育を受けられるようにといったことから、シングルペアレントのサポートなどを政策の視野にいれていることを挙げた。

また、ヒラリー氏が日本のような国民健康保険制度をアメリカにも取り入れ、守られる社会にしないといけないと訴えかけていることについても、江木さんは「ヒラリーが誰よりも一番経験がある」とコメント。


共和党のトランプ候補については「強いアメリカを取り戻すというイメージ戦略がうまくいっている」としながらも、ヒラリー陣営としては「今も強いアメリカなので、復活をする必要が無い。アメリカはこれから“も”よいアメリカであるという戦略」など、戦略の違いがあることを強調した。

アメリカ大統領選では、共和党のトランプ氏が東部の5州でいずれも2位に大差をつけて勝利。候補者指名が必要な代議員1237人まで残すはあと300弱に迫り、6月7日の予備選終了を待たずに過半数獲得する現実味が増しているといわれている。また民主党のヒラリー氏も4つの州で勝利しており、アメリカのメディアでは「指名獲得となる過半数の9割に達する見込み」だと報じられている。


7月にフィラデルフィアで開かれる党大会で候補者が正式指名され、共和党、民主党の候補指名が対決するアメリカの大統領選の本選挙は11月8日に行われる予定だ。


「AbemaPrime」は毎週月〜金曜日 20:00〜21:50「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000