ベッキーの手紙に芸能界は賛否両論 「復帰を見据えた行動」と井上公造は分析

27日放送の芸能ニュース番組『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)に、芸能リポーターの菊池真由子氏が出演。「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)との一連の不倫騒動以来、芸能活動を休止中のベッキー(32)が「週刊文春」に手紙を書いたという話題が取り上げられた。

27日発売の「週刊文春」によれば、4月22日、郵送ではなく、ベッキーの所属事務所であるサンミュージックプロダクションの代表取締役社長・相澤正久氏から同誌編集部へ、便箋5枚にわたる直筆の手紙が届けられたとのこと。そこには〈川谷さんへの気持ちはもうありません〉などとしたためられていることが報じられている。

実は「週刊文春」は、このひと月ほど事務所を通してベッキーに取材を申し込んでいたという。今回の「手紙」は、インタビューに答えるという形ではないものの、現在メディアに一切出てこないベッキーの“生”の心境を知ることができるものだ。


菊池氏は番組中に、芸能リポーターの井上公造氏に生電話。ベッキーが記者会見や取材ではなく、手紙という形式をとったことについて、井上氏は「いちばん賢い方法だと思う」とコメント。記者会見などでは、さまざまな質問がとんでくるうえ、自由に書かれてしまうため、本当に伝えたい真意を伝えるためには「手紙」という手段は良いという見解を述べた。


ベッキーの「手紙」については、芸能界でも賛否両論となっているところだが、井上氏は、「それは当然(どちらの意見も)出ますよ」と理解を示す。ただ、過去に元モーニング娘。の矢口真里が不倫騒動を起こし、芸能活動復帰後もCMに出演すると抗議の声があがるなど、“尾を引く”ことについては、「正直いって、厳しすぎますよね。ただいずれにしろ、やったことは事実で、批判がくるのは仕方がない。ただそれを超えないとステップアップはできない。スターにはなれない」と述べた。


また菊池氏の「今回の手紙は、復帰を見据えての行動でしょうか?」という問いには、「当然見据えていると思います」と回答。日本テレビ系で放送中の情報番組「スッキリ!」では、「早ければ来月」という見方も示している。


©AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000