矢口真里、炎上体験を後輩アイドルに語る 「私はリアルに今も罵られてる」

『AbemaTV』AbemaSPECIALチャンネルで4月26日深夜に放送されたトークバラエティ『矢口真里の火曜The NIGHT』で、MCの矢口真里が「アイドルに対する罵り」について自らの体験を踏まえて語った。

初回の“Gカップ揉み”、そして先週の“中澤姐さんトーク”に続いて第3回目の放送となったこの日、『矢口認定アイドルを探せ!』のコーナーでは、ロンブー淳プロデュースのアイドル・スルースキルズのメンバーである西尾舞生・根本羽衣・増田みなみの3名が登場。


アイドル界の大先輩である矢口からのアドバイスを受けることとなったが、その中で矢口は、“罵り上等”だという彼女たちにについて、

「アイドルだからこその悩みっていうか。それを分かち合えると思うんですよ。私はリアルに今も罵られてますから。画面に出たら何かムカつく、何か腹立つって」と語り始めると、彼女たちの相談内容についてダメ出しをしつつ、具体的なアドバイス。

「私はホント、普段からいろいろ罵られてますけど、でももうやっぱり、画面に出る以上は賛否両論はあるんですよ。何かを行動するときっていうのは、絶対に。だって私だってテレビ観てて、“あ、この人嫌いだな”とか、“この人すごい良いことやってるな”とかって思いますもん、心の中で。それを言葉にして表現するかしないかの…たぶん、ネット社会だと思うんですね」

「私的には周りにいる人の温かい言葉を大切にして、周りの人ももちろん大切にしながら、その…辛い意見も、1つ自分の成長に繋がることとして捉えて、でも全然、的外れなこととかは、もう全部スルーでホントにいいと思う。“ウザい”とか。そういうのは、ほら、意図してないでしょ?

だから、意図してるものは、“なるほど、これで不快に思わせちゃったんだったら、ちょっと控えよう”とか。でも控えすぎると芸能人としてダメになっちゃうし、普通の人になっちゃう。そこはもう怖いもの知らずで、どんどん踏み込んでいくっていうのが良いと思う」

と、自らの体験を踏まえつつ、彼女たちにエールを送り、スルースキルズのメンバーたちが深い感銘を覚えた様子を見せるというひとコマが。ネット上の視聴者からも大きな関心を集めることとなった。


『矢口真里の火曜The NIGHT』は毎週火曜01:00 ~ 03:00より放映中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000