「動画生中継配信」をする女性 幸せを感じる瞬間とは?

最近ネットでお金を稼ぐ人も増えているが、4月25日、AbemaTVの報道番組「AbemaPrime」で、「生中継配信」によってお金を稼ぐ人々がスタジオと生中継で繋がり、稼ぎの実態を明かした。スタジオのメインMCはお笑い芸人・小藪千豊で、コメンテーターとして、経済評論家・森永卓郎氏、コラムニスト・犬山紙子氏と、元NMB48の山田菜々が登場した。

月に平均150時間以上生中継をしている日本の女性・「すんさん」が登場。リポーターは配信中の彼女の部屋まで行き、「そこまでして注目あびたい?」と聞くとすんさんは「注目浴びたいわけではなく、ヒマだったので、おしゃべりだったので、しゃべりたくて配信を始めたが、配信したら観てくれる人がいる」と述べた。


不特定多数の人に見られる恐怖心については「最初は怖かった。でも逆に今は色々な人と知り合えるから楽しい」と語り、今後目指すところは「適当に皆と仲良くできればいい」といったところにあるという。こうした配信ではなかなか稼げないものの、1つ300円と500円のステッカーを販売し、売り上げ確保を狙っているようだ。


幸せを感じる瞬間について、すんさんはリアルの世界とのギャップを述べた。

「普段この年になると『かわいい』とか言ってくれない、リアルでは。でも、(配信の)個々の人達はそれを言ってくれる」

このようなやりがいがネット生放送にはあるようである。


「AbemaPrime」は毎週月〜金曜日 20:00〜21:50「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000