紗栄子、大分県にも義援金「500万2000円」を寄付 その内訳は?

熊本地震の発生で、500万2000円の義援金を熊本県に寄付したモデルの紗栄子(29)が、25日、同額を大分県に寄付したことをInstagram(インスタグラム)で発表。その内訳を公開した。

26日に放送された芸能ニュース番組『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)では、芸能リポーターの井上公造氏がその話題に触れた。

500万2000円について井上氏は、紗栄子のほかに、「(紗栄子の)2人の子供が1000円ずつ寄付したもの」と解説。さらに、大分県は紗栄子にとって昨年3月に長男の誕生祝いで訪れた思い出深い場所であることと説明した。


また、「熊本地震」と名づけられたことから、熊本県にばかり注目が集まっているものの、大分県への被害も大きいことを心配した井上氏は、「もちろん熊本は大変だけど大分も大変なんですよ」と改めて大分県の被害の大きさについて言及。別府温泉など観光地にも宿泊客のキャンセルが相次ぐなど、直接関係のない地域にまで風評被害が及んでることを説明したうえで、「こういうかたちで寄付がくるとのはありがたいと思う」と述べている。


(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000