火星から最強の暗殺者へ マット・デイモン主演『ジェイソン・ボーン』復活、暴れまくる予告編公開

マット・デイモンとポール・グリーングラス監督が、9年ぶり4度目のタッグを組むシリーズ最新作『ジェイソン・ボーン』予告編が公開された。

マット・デイモンが主演した3作では、ジェイソン・ボーンが記憶をなくした状態から、CIAの極秘作戦によって鍛え上げられた自分を思い出したところで終わっていた。

予告編は、「ハッキングされた。スノーデン騒動よりヤバイことになる」という警告から幕を開ける。「自分が誰かも全部思い出した」というボーンに、ニッキーが「それが全部じゃないとしたら?」と謎めいた言葉をかける。

CIAは復活したジェイソン・ボーンの存在を知り、「なぜ今戻ってきた?」

カオス状態のギリシャの街で追跡されるボーンとニッキーをスナイパーが銃で狙うシーンや、ロンドンでの格闘シーン、ラスベガスでのカーチェイスなど、今回もボーン・アクションが炸裂する展開になりそうだ。


スノーデン後の世界が舞台となり、安全保障と政治を背景にしたストーリーとなる本作。ボーン最大の敵を演じるのは、ヴァンサン・カッセル。CIA支局員・ニッキー役を再び演じるジュリア・スタイルズの他、新たにトミー・リー・ジョーンズ、アリシア・ヴィキャンデル、アトー・エッサンドー、スコット・シェパード、リズ・アーメッドが参戦する。


映画『ジェイソン・ボーン』は、2016年10月公開

(C) Universal Pictures

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000