イチローよりスゴい?ヤンキース外野手の約170キロの超絶レーザービームが凄すぎる

ヤンキースの外野手、アーロン・ヒックスが見せた超高速レーザービームが話題沸騰中だ。


アスレチックス戦でみせたこのスーパープレイ。レフトで受けたボールをワンバウンドでキャッチャーの手元にと運ぶスーパーすぎる返球。その速さ105.5マイル(169.7キロ)と規格外の速さだったことも判明。タッチアップに失敗したダニー・バレンシアも決して足の遅い選手ではない。

アーロン・ヒックスは昨年オフにヤンキースがツインズから獲得した選手だが、2年前の5月にフェンス激突で脳しんとう、6月に右肩の負傷するなどついていない状態が続いていたものの、昨年ツインズで打率.256など11本塁打自身のキャリア最高の記録をマーク、期待を受けてヤンキースにやってきた。「レーザービーム」といえばイチローを真っ先に思い浮かべるが殆ど170キロというヒックスのレーザーもかなりの破壊力だ。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000