熊本地震 ふるさと納税を通じて9000万円がすでに確保

21日に放送された『AbemaPrime』(AbemaTV)では、熊本地震について「ふるさと納税」の新たな活用法などについて言及された。その中では、東京・浅草で日本の地域を体験できる商業施設・まるごとにっぽんの三橋洋太さんが登場。


同施設では、被災地も含め各地の地元にあるものを迷惑かけないように販売していると語られたほか、支援の募金を行っていることも明かされた。そしてふるさと納税コンセルジュの谷口明香さんが登場。

ふるさと納税とは、気に入った特典を出す自治体に対して支払いをし、その特典を受けることだが、今回はそういった御礼品を伴わない寄付のみを行っていることが明かされた。谷口さんはふるさと納税を仲介するサイト「さとふる」の関係者だが、今回の熊本地震に寄附をする人には収益を得ず、100%自治体に渡すようにした結果、9000万円を確保できたようだ。


谷口さんは「こちらの支援に賛同していただけ、より多くの参道を得られれば、と思う」と語った。なお、この取り組みは期間限定で、「まるごとにっぽん」を訪れても支援ができ、「さとふる」でも支援は可能。


「AbemaPrime」は毎週月〜金曜日 20:00〜21:50「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000