松嵜麗が『GF(仮)』で初実況 名前は「古田敦也」

毎週火曜日の22時~23時、AbemaTV・AbemaSPECIALチャンネルで、若手人気声優の松井恵理子と松嵜麗の2人が、パジャマ姿でゆるーいトークをスタジオから生放送するバラエティ番組『松井恵理子・松嵜麗の声優アニ雑団』。

第2回となる4月19日(火)の放送では、前回の放送を振り返りつつ、「匂いがきついものが苦手」という2人の共通点を改めて披露した。

冒頭の「今週の趣味語り」のコーナーでは、松井が「囲碁」を挙げ、先週に引き続き『ヒカルの碁』の魅力に言及。dreamが歌うTVアニメのオープニング曲『Get Over』の歌詞や、ヒカルとアキラのライバル同士の戦いに惹かれるという松井が、「天才は2人いないとダメ」「どんなに天才でも努力をしている」と思わず熱弁をふるう場面も。また、学生時代は吹奏楽部でトランペットを吹いていたことにも触れ、顧問の先生の「アメとムチ」によって、自身も成長できたと振り返った。

一方、松嵜が挙げたのは、刃森尊のコミック『ネイチャージモン』。肉に対する並々ならぬ思いをアピールするも、行きつけの店は「混んだら嫌だから」との理由で最後まで明かさずじまいの松嵜に対し、「イギリス人気質で、あまり食には興味がない」と松井がコメントするなど、2人の食に対する温度差も感じられた。

つづく、「松井・松嵜のアニ雑談」のコーナーでは、松嵜が森生まさみによる少女漫画『聖・はいぱあ警備隊』を、松井が谷瑞恵のライトノベルシリーズ『伯爵と妖精』をピックアップ。両作品のストーリーや見どころを互いに紹介したところ、「面白そう」「読んでみたい!」という視聴者からのコメントが殺到していた。

「雑談」という割に、熱心に作品の魅力を話しつづける2人に対し、「生き生きしていていいね!」という視聴者からの感想が寄せられると、「ここまで好きな作品について思う存分語れる番組はなかなかない」と、版権の壁を超えて漫画やアニメ作品を扱うこの番組の特色にも触れていた。

ちなみに来週のテーマは、「GWに見たい作品」と迷いながらも、最終的には「泣ける作品」に決まった。

そして、いよいよ名物企画という触れ込みで始まった「ゲーム実況やってみよう!」のコーナーへ。先週の予告どおりスマホアプリ『ガールフレンド(仮)』を実際にプレイすることになり、大のヤクルトファンの松嵜が、プレーヤーの名前に「古田敦也」と入力すると、コメント欄も「さすがwww」「また野球ネタ」と大盛り上がり。

さらに、松井が声優をつとめるキャラクターの声を、ちょっと照れた様子で聞く、という場面も見られた。

ゆるーい構成ながらも、生放送中にそれぞれの個性が徐々にスパークしていくこの番組。来週以降、さらなる二人のはじけっぷりに期待していきたい。


松井恵理子・松嵜麗の声優アニ雑団

毎週火曜日 22時00分〜23時00分「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000