ネットで話題の「最大震度マップ」 日本のほぼどこの地域でも震度6、7の地震が一度は起きている

4月19日に放送された、若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』にて、ネットで注目を集めている「最大震度マップ」について取り上げた。

この地図は古地震.netというサイトが公開している、過去に日本で発生した地震から地域ごとに震度の最大値をまとめたもの。

出演者の赤ペン瀧川は地図を見ながら「北海道の北の方や沖縄などの一部を除いて、ほぼどこの地域でも震度6、7の地震が確実に一度は起きている」と説明。また、パパキャスターの杉浦太陽は「どこの地域住んでいるから安心・安全じゃなくて、みんな備えを大事にしなくちゃいけないということ」と率直な意見を述べた。

「備えあれば憂いなし」という言葉から各自どのような備えをしているか、という話題に。杉浦は「(子供が小さかった時に断水で困ったので)水を確保している」と話した。火曜キャスターの岩崎春果は「暗い時に何かあった時用にライトを持ち歩いたり、水を必ずリュックに入れて持ち歩いたりしている。

また、家には水、ガスコンロとガスボンペを備えてある」とコメント。さらに、自身の子供が1歳半という赤ペンは「1週間分のオムツなどを用意しているが、(量が多すぎて荷物が)超巨大」と幼い子供を抱えて被災するということは本当に怖いことだと語った。実際に昨日の放送で被災地から送られてきた「離乳食が足りない」というコメントに対し、杉浦は「飛行機が飛んだことで、(物流が)少しずつ回復に向かっているはず」と述べている。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000