紗栄子の500万円募金が炎上 井上公造は「売名ではない」と擁護


モデルの紗栄子(29)が19日、熊本地震の被災者に対して500万2000円を寄付したことをInstagram(インスタグラム)で発表。振込受付書の写真を投稿した。ネットでは、「すごい」「さすが芸能人」など、称賛する声が多くあがる一方で、「いい人アピール」「偽善だ」「売名か」など批判も相次ぎ炎上している。

同日放送された芸能ニュース番組『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)では、芸能リポーターの井上公造氏がその話題に触れる瞬間があった。


井上氏は、「それ(批判)を言いたくなる気持ちもあるけれど、偽善であっても500万寄付する方が大切じゃない」と紗栄子を擁護。「紗栄子さんクラスが今更売名の必要があるかって売名の必要ないんですよ」「あえてにインスタグラムにあげるべきかどうかっていうのは、それは色んな考え方がある」と一定の理解を示した。


(C)AbemaTV


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000