木村佳乃の独特な子育て方法 「(子どもに)思いっきり謝る」

4月19日にAbemaTVで放送された芸能リポーター・井上公造氏による芸能ニュース番組『芸能㊙チャンネル』では、女優・木村佳乃(40)が最近バラエティ番組であまりにもはっちゃけた姿を見せ、バンジージャンプをこなすなど八面六臂の活躍をしていることについて言及された。ここで井上氏が話を聞いたのは、木村を最近取材したスポーツニッポンの飯尾史彦氏。


飯尾氏によると、普段、女優として演技をする時はシリアスな役や美人の役が多いものの、実際に会うとバラエティで見せるはっちゃけたキャラが「素」に近いのだという。そして、撮影も含めて50分間の取材時間があったが、2~3分もするとすぐに取材現場では笑いが絶えなくなるなど、木村がいると周囲が皆明るくなるのだと振り返った。


井上氏は「スポーツニッポンのインタビュー原稿を読んでもインタビューアーが楽しかったんだなってのが漂いますよ」と現場の空気を聞いたうえで納得した様子だった。また、多くの芸能人を取材している飯尾氏によると、他に現場がかなり楽しくなる芸能人は歌手・西野カナだという。


木村の取材で印象に残ったことについて飯尾氏はこう語った。

「木村さんは現在2歳と4歳のお子さんがいるのですが、『思いっきり謝る』と言ったのが印象に残りました。普通思いっきりお子さんを叱り、思いっきり褒めるというのはお母さんから聞きますが、『思いっきり謝る』と彼女は言ったのですよ」


これに対して井上氏も「小学校高学年になって謝れるのはあるが、2歳と4歳の子に謝れるのはすごいなと思った」と同意した。なお、飯尾氏によると一見躊躇なくバンジージャンプをできた木村だが、本当は怖かったのだという。

(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000