スピードワゴン井戸田が娘との悲しすぎる話をカミングアウト セカオザもティッシュ片手に大絶叫

4月18日夜に『AbemaTV』AbemaSPECIALチャンネルで放送された、ラジオトーク型の新バラエティ『スピードワゴンの月曜The NIGHT』で、スピードワゴン・井戸田が、あまりに悲しすぎるひとコマについて告白。その内容に、視聴者からも注目が集まっている。

この日、井戸田は『相方に話していない自分の秘密は?』というトークテーマの際に、小沢から「じゃあ、言ってない秘密言ってよ」と水を向けられると、「これね、悲しい話じゃなくて笑って欲しい」と断りを入れた上で、

「月末に温泉に行ったのよ。うちの両親と、兄貴家族。兄貴と奥さんと姪っ子、高校一年生の。俺と娘ちゃん、井戸田親子とね」と、先日出かけたという温泉旅行でのひとコマについて語り始めると、「ろくろに行ったのよ。瀬戸物、陶芸を作りにね。」

「で、その前に言っとかなきゃいけないのは、娘は、今のお父さんのことを“パパ”って呼ぶのよ。俺のことは“潤さん”って言うのね。これ、悲しい話じゃないから。俺が伝えたいことだから」とまずは状況を説明。


その時点で既に小沢は「OK、OK、だからティッシュの位置だけ変えよう」と言って箱ティッシュを置き直したが、それに対して「俺は泣かないから」と制した井戸田。続けて、

「マグカップを2つ作ってたのよ。“あ、作ったんだ?上手だね!これ、誰のヤツ?”って訊いたら、娘はキラキラの笑顔で“"ママとパパの!”って言ったの」

「(井戸田は)“へー、喜んでくれるといいね…”って言った」・・・と、なんとも言えない物悲しいエピソードをカミングアウトするという展開に。


こうした井戸田の思わぬ告白に、それを聞いた小沢は「悲しいーっ!悲しいーっ!これは悲しいね!」と思わず絶叫。視聴者からも実に様々な声が相次ぐことに。前回は初回にもかかわらず、小沢のトークが炸裂して注目を集めた同番組、今後はこうした井戸田のコメントにも、多くの視聴者が期待しそうな気配だ。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000