多田愛佳、HKT48移籍後の心境変化を語る「良い子にならなくちゃと思って」

お笑いコンビ・我が家がMCを務める、AbemaTV FRESH!の「ワタ@アメ」で、HKT48の多田愛佳が心境の変化を報告した。


同番組は、人気芸人がMCを務め、ゲストのプライベートを深堀るバラエティ。4月18日放送回には、我が家がMCに、HKT48の多田愛佳がゲストに出演した。AKB48在籍時代は“妹キャラ”として人気があり、自由きままに発する大胆発言にもたびたび注目が集まっていた多田。キャッチフレーズも「ラブラブパワー発動!ラブたんこと多田愛佳です」など、パンチのきいたものが多かった。


ところが今回スタジオに登場した多田は、AKB48在籍時代お決まりだったキャッチフレーズを求められると「昔はやってたんですけど今は恥ずかしくて…」とやんわり拒否。また、杉山裕之が福岡のおすすめの観光地についてアドバイスをすると、「そうですね」「わかりました」と冷静に受け答え。これには、約5年ぶりに共演した我が家・杉山裕之も「そんなに落ち着いてたっけ?」「大人になったってこと?」とびっくり。これに対し多田は「AKBにいるときは最年少だったのでバカしてても許されていたんです。でも、HKTにいくと年齢も経験もうえなので、良い子にならなくちゃいけないと思って」とAKB48からHKT48に移籍後、環境の変化によって意識の持ち方が変わったことを報告した。


さらに、仲が良いメンバーを問われると「今田美奈」と即答。理由について「(チームKIVキャプテンの)私が他の仕事でいないときに、キャプテンの代わりをしてまとめてくれるから信頼している」と述べるなど、言動の節々からチームをまとめるキャプテンとしての意識の高さがうかがえていた。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000