ウーマンラッシュアワー村本、ラジオ局に「NGワード」として指定された言葉とは

4月18日、AbemaTVにて「Abema news/開局SPECIAL」として『スマホで朝生!』が3時間にわたって生中継された。ウーマンラッシュアワーの村本大輔が「クレーマーからの声が怖い」ということで昨今メディアが萎縮している状況について、最近ラジオ番組で自身が体験したことを語った。

「不倫についてそこまで悪いことではないのでは?といった意見を述べたら100枚もクレームのFAXが来た。そして(その人は)番組、スポンサー、さらにはBPOにも連絡をする。しかし、これを書いているのは一人の人間。一票一票の質を確認しないんですよ。そこで上から注意が入って。『今からスポンサーが番組を聴くから、この言葉を言うな』とNGワード指定が入りました」


果たしてその単語は何だったのか。それは「うんこ」だったのだという。なぜこの言葉がダメなのかを聞いたらスポンサーにチョコレート会社が入っているからとの説明を受けたようで、スタジオのパネリストも爆笑した。

さらに、話は矢口真里が出演した日清のカップヌードルのCMがオンエア直後にクレームを受け中止になったことに波及。堀江氏が「スポンサーにまた100件ファックス来たんじゃないの?」と述べると夏野氏は「マーケティング的には成功じゃないの? ひっこめたから余計に話題になっているというのを計算していたら偉いね」と、実は作戦勝ちだったのでは?との仮説も示した。


(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000