視力の弱い赤ちゃん 4ヶ月目にはじめて見た母親の顔に史上最高の笑顔

生まれつき視力が弱い赤ちゃんがはじめて眼にしたお母さんの顔。そこに広がる世界と、思わず浮かべる屈託の無い笑顔の瞬間がYouTube上に公開された。この赤ちゃん生まれつき視力が弱い先天性の病気の持ち主で、今回メガネによる視力矯正により生まれて4ヶ月目で初めて母親の顔を見ることが出来たのだ。

シアトルにほど近いワシントン州に住むレオポルド・ウィルバーくん。眼皮膚白皮症(がんひふはくひしょう)、もしくは先天性白皮症(せんてんせいはくひしょう)とよばれる病気。生まれた時からメラニン合成が低下したり消失する病気で、皮膚や髪の毛などの色素に影響を与えるだけでなく、眼に症状がでると生まれつき視力障害を持つという。

一言に「笑顔」といっても様々な言葉が存在するが、近くにずっといた母親を初めて見る彼の喜びというのは計り知れないものがある。多くよせられている「輝くような」「素晴らしい」「感動的」様々な表現で紹介されているが、映像の「笑顔」と母親の歓喜の声を聞くのが一番説得力があると思える。


そんなレオポルドくんのためにメガネを制作したのは幼児向けの眼鏡などを手掛けるミラレックス社。20年に渡り幼児にとって日常的にメガネをかけながら生活する困難を極限まで軽減するフレーム開発などを積極的に行ってきたメーカーだ。レオポルドくんのような白皮症患者にも様々な症状があるようだが、一般的な遠視、近視、乱視矯正メガネで僅かながら視力回復するケースや、光を極限遮る遮光メガネなど様々な視力を矯正する方法があるという。症状によっては、メガネでこの病に苦しむ子どもたちを救うことができるという意味でも、この映像がネット上で拡散され幼児向けのメガネが認知されることは大きな意味があると思う。


■関連リンク

http://miraflexglasses.net/

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000