Key原作の泣けるSF『planetarian』が配信&劇場でアニメ化 監督は『ジョジョ』の津田尚克

ファン待望のアニメ化決定で、いま多くの注目を集めているKey原作のSF作品『planetarian(プラネタリアン)』。4月15日(金)、都内で製作発表会が行われ、原作を手掛けたVisualArt’sの丘野塔也氏と池田憲彦氏をはじめ、新作アニメーションの企画に携わるアスミック・エースの青井宏之氏らが登壇。声優陣や主題歌を担当する歌手らのコメントとともに、プロジェクトの詳細が次々と明かされ、新たな映像がお披露目された。


「配信版」と「劇場版」の2つによって構成される本プロジェクトは、七夕の7月7日(木)より、原作ゲームのエピソードを全5話からなる配信版『planetarian~ちいさなほしのゆめ~』として動画サイトで配信。さらに、9月3日(土)より小説版をベースとした劇場版『planetarian~星の人~』が、TOHOシネマズ新宿ほかにて順次公開される。


■『planetarian(プラネタリアン)~ちいさなほしのゆめ~』予告編

2004年にWindows PC版のYahoo! BB専売のキネティックノベルとして発売された『planetarian(プラネタリアン)~ちいさなほしのゆめ~』。「ある日、シナリオライターの涼元悠一さんがVisualArt’sの東京事務所に突然現れ、駒都えーじさんと打ち合わせをしたいので会議室を借りたいと言われ、2~3時間で終わると思って気軽な気持ちでOKしたら、そのあと丸2日間打ち合わせが続いて驚いた」と丘野氏が制作秘話を披露。しかし、当時はまだゲームをダウンロードをするという習慣があまり根付いておらず、なんと開始当日はわずか2ケタしかユーザーがいなかったという、衝撃の事実も明らかに。


それだけに「12年前の企画が、いま新たにアニメ化という形でお届けできるのは素晴らしいこと。ファンの方に支持されてきた証であり、1個1個積み上げてきて、ついにたどり着いた今日、この日」と丘野氏は感慨深げに振り返り、池田氏も「『planetarian』はダウンロードから始まり、コンシューマーゲームやios、アンドロイドなど、選択肢がなくさまざまなプラットフォームに移植しやすい作品だったこともあり、多くのユーザーに親しまれた。いまでは海外でも高評価を得ている」と分析した。

アニメーション制作は、「原作に対するリスペクトを何より大切にしたい」という理由から、現在も最新作が放送中の『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズを手がけるdavid productionに依頼。Keyゲームのファンで、自ら監督に名乗りを上げたという津田尚克氏も登壇し、「せっかくアニメにするなら、アニメにしかできないことをやりたい。ゆめみと屑屋の心情を、双方向から描きたい。配信版はゆめみの視点から、劇場版は屑屋の視点から、日常における心のキャッチボールが描けたら」と語り、アニメのテーマは「祈り」であると述べた。


制作スタッフは、中山勝一氏と町谷俊輔氏がシリーズディレクターを務めるほか、メカニックデザインには海老川兼武氏を起用。美術監督として竹田悠介氏が参加するなど、豪華な布陣となっている。さらに、駒都えーじ氏のキャラクター原案をもとに、竹知仁美氏が描き起こした主人公・ほしのゆめみと屑屋のキャラクターデザインも初公開され、原作同様、すずきけいこ氏と小野大輔氏が声優を務めることがわかった。

音楽は、折戸伸治氏、どんまる氏、竹下智博氏の3名が担当。スペシャルゲストとしてKey作品ではおなじみの折戸伸治氏が登壇し、劇場版主題歌の「星の舟」が、折戸氏と歌手・Liaによる8年ぶりのタッグとなることや、配信版のエンディングテーマ「Twinkle Starlight」を佐咲紗花氏が歌い、イメージソング「Worlds Pain」をCeui氏が担当することが発表された。


なお、劇場版『planetarian~星の人~』にも『ちいさなほしのゆめ』のエピソードの一部が含まれるといい、その理由として青井氏は「プラネタリウムの投影シーンを、劇場の大きなスクリーンでもぜひ見てほしい。天文関係のソフトウェア開発を手掛けるアストロアーツの協力を仰ぎながら、鋭意製作中。投影シーンは見どころの1つ」と語る。


PCサイトではゆめみの音声ガイドも聞くことができるので、そちらも合わせてチェックしてみてほしい。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000