伊勢谷友介&森星 半同棲スクープも FRIDAY編集部「結婚はない」

15日放送の芸能ニュース番組『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)に、芸能リポーターの菊池真由子氏が出演。同日発売で、「伊勢谷友介&森星16歳差の半同棲」をスクープした『FRIDAY(フライデー)』(講談社)編集部と、生電話にて具体的なスクープの“裏側”を聞き出した。

『フライデー』編集部・編集次長の小柳津 純さんによると、実はこの2人のスクープ写真は「比較的簡単にとれた」のだという。「仲がいいという目撃談があって、ちょうど一ヶ月くらい前から取材を始めたら、そんなに難しくなく撮影できた」のだそう。


この2人が出会ったきっかけは、昨年11月、森が進行アシスタントを務める『新チューボーですよ!』(TBS系)で共演したことだが、菊池氏は「番組共演で連絡先交換ってハードル高くないですか?伊勢谷さんはさらりとやるんですね。すごいな。舞台とか、稽古が長いものは連絡先を交換することがあると聞いたことがあるけど、一回で…」と伊勢谷の肉食っぷりに驚嘆。


伊勢谷のモテ男っぷりは業界で知られるところだが、小柳津さんによると「(撮られるといったことを)あまり気にしないで、2人で出かける」そうで、同誌では伊勢谷が過去交際してきた女性との写真は全部撮影しているという。


スクープした側が「笑顔満載だった」というほどの仲良しカップルだが、菊池氏が「伊勢谷さんのお父さんは7回結婚している“恋多き男性”。そんな父をもつからこそ、(伊勢谷さんは)結婚するのは怖いって、言っていましたね。だから2人の結婚はまだかなと思っています」と見解を述べると、小柳津さんも同意。

「結婚願望がまるでない男性なんですよね。それが原因で別れてしまうことも…。だから、(この2人も、まだ)結婚まで行く気はしない」とコメントした。


番組中、『フライデー』のスクープ体制については気になる人も多く、Twitter上には小柳津さんへの質問が殺到。これまででいちばん難しかった撮影は「反町隆史・松嶋菜々子」カップルで、「9ヶ月間くらいずっと張り込んでいた」そう。また、「今スクープを狙っているカップル」は「うじゃうじゃいますよ。アイドルのAさんからHさんから、もう、はい」と含みをもたせた。


©AbemaTV


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000