1話に隠された伏線とは? TVアニメ『はいふり』ステージレポート【AnimeJapan 2016】

3月25日(金)~27日(日)にかけて、東京ビックサイトで開催されたアニメの祭典「AnimeJapan 2016」。その2日目となる26日(土)、GREENステージにてTVアニメ『はいふり』のミニライブ&トークショー「はいふりスペシャルステージ」が行われた。


吉田尚記アナ(ニッポン放送)の軽快な司会進行のもと、夏川椎菜(岬明乃役)、Lynn(宗谷ましろ役)、古木のぞみ(立石志摩役)、種﨑敦美(西崎芽依役)、黒瀬ゆうこ(納沙幸子役)、久保ユリカ(知床鈴役)、雨宮天(知名もえか役)、麻倉もも(伊良子美甘役)が登壇。新人声優の古木と黒瀬は緊張しながらも大きな声で会場を盛り上げていた。オリジナルアニメ『はいふり』の可愛くて個性的なキャラクターたちがどんな物語を展開していくのか。集まったファンの期待を膨らませていた。


またアニメに合わせて販売されるオリジナルグッズ「はいふりオリジナルフレーム切手セット(日本郵郵政公社)」も発表。『はいふり』の舞台ともいえる横須賀とコラボした記念切手だ。神奈川県の郵便局ならびにアニメイト、ローソンで限定販売される。


イベント中、吉田アナが「何か隠し事があるでしょこの作品!」と食いつく場面もあったが、キャスト陣も言いたいけど言えない「秘密」があることを臭わせた。その秘密とは1話の放送をご覧になった方は、おわかりになるだろう。


イベント最大の盛り上がりを見せたのは、主題歌ライブだ。まずエンディング主題歌「Ripple Effect」が披露された。ZAQが楽曲提供し、春奈るながさわやかで透明感のある歌声で歌い上げる。続いて、キャストでもある麻倉、雨宮、夏川3人のユニット「TrySail」が歌う主題歌「High Free Spirits」を初披露。ハードでシリアスな曲調に、会場は異様な盛り上がりを見せた。この曲が、キービジュアルやエンディング主題歌とどうマッチングしていくのかも注目が集まった。


イベントの最後にはキャストが再登場し、熱のこもったコメントと作品のアピールをしていた。謎の多い作品で、みんなにドッキリを仕掛けているような気持ちだと、作品の根幹に触れているものもあった。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000