みるきー芸能界引退報道 その根拠をスポーツ紙記者が激白

14日、スポーツ紙各紙がNMB48兼AKB48の渡辺美優紀(22)の卒業報道一色となっている中、スポーツニッポン(以下、スポニチ)のみ「芸能界引退」と断言。その根拠について、14日にオンエアされた「AbemaTV」の『芸能マル秘チャンネル』で、芸能レポーターの駒井千佳子氏がスポニチの文化社会部長、阿部公輔氏に生電話で直撃した。

卒業は「もう潮時かな」という渡辺本人の意向であるという阿部氏。「(渡辺は)キャラクターではなく、自分が一番かわいいと思っている子だったが、2年前に週刊誌で恋愛スキャンダルを報じられてから、潮目が変わった」という。「総選挙でも選抜落ちを経験し、ツートップとしてNMB48牽引してきた山本彩(22)との人気の差が出てきた上、後輩の台頭もあり、最近はセンターの座から遠ざかっていた」と阿部氏は述べ、「“自分が一番”という本人の思いと、運営サイドやファンの考えとのギャップが生じ、気持ちが離れてしまった」と卒業に至る経緯を説明した。


また、「本人が、『違う世界をみてみたい』と周りの人に言っている」という大きな根拠を阿部氏が述べると、「違う世界というのは、女優とかタレントへの転身では?」と、ゲストの俳優、滝口幸広(30)が質問。阿部氏も最初はそう思っていたというが、周囲の人への取材から、「現時点では芸能界ではない違う世界のことだと考えている」との見解を示した。


さらに阿部氏は、渡辺の卒業がほかのAKBグループのメンバーの卒業と違う点が多いことにも注目。「卒業後の進路を明かしていない」「卒業公演の日程が出てきていない」「総選挙を前にしてゴタゴタを起こしてしまっている」の3点を挙げ、今後芸能活動をするのであれば、あまりいい形での卒業ではないということを示唆。「自我が強く、自分を持っている子なので、こういうことがいずれ起こると前から予想はしていた」と述べた。

(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000