若槻千夏、生放送で言いたい放題 人気モデル・池田美優(みちょぱ)をイジリまくる

13日に『AbemaTV』AbemaSpecialチャンネルで放送開始となった『若槻千夏と生で行ってみた』に、女性ファッション誌『Popteen』で活躍する人気モデルの“みちょぱ”こと池田美優が登場。


芸能界復帰後初の冠番組を担当する若槻と共に、渋谷のど真ん中で完全アポ無しのガチ生ロケを敢行し、一般人を巻き込んだ自由奔放なやり取りを見せた。 毎週水曜日の20時から放送される同番組は、若槻がゲストと共に様々な街で一般の人々と触れ合いながら旬のショップやおすすめスポットを巡りつつ、トレンドキーワードなどを聞き出すというバラエティー番組だ。

番組開始直後、二人は渋谷駅前のスクランブル交差点付近で合流。若槻はスタイル抜群のみちょぱを見るなり「最近は原宿系とか流行ってるけど、みちょぱは現役で可愛くギャルをやってくれてるからイイね!」と、謎の褒め言葉で絶賛。そして自身を「じゃあ私は“ちなちょっぱ”で!」と、かなりテキトーな自己紹介を済ませる。


その後、みちょぱオススメのスポットを紹介するという流れになったが、スタッフが掲げたカンペをじっくり読んでしまい、若槻に「ヘタだね~。ギャルが急に進行しようとするから!」とツッコまれたみちょぱ。そんな彼女が指定したのは、若者で賑わうファッションビル「109」6階の「BAD STORE」だ。

無事「BAD STORE」に到着した二人だったが、本当にノーアポだったらしく、みちょぱが撮影の許可を取りに走る。しかも、若槻はショップスタッフの履いている靴を「汚ねー!」とイジるなど言いたい放題で、ショップのオススメアイテムとしてハンチングやスポーティなカットソーを紹介されても「これ絶対“SPEED”でしょ!」とひとりで盛り上がり、90年代ネタが分からない若いスタッフを困らせていた。 


また、買い物に来ていた一般のお客さんに「めっちゃ顔小さーい!」とグイグイ迫られた若槻は、パンチの利いた素人の参戦に「誰!? ゲスト?」と本気でビビり、「番組が乗っ取られるよ!」とタジタジ。ちなみに、この時点で2万4千人が視聴していたようだが、スタッフが「目標10万人」と無茶な要求をする一幕も。 その後、渋谷の街を移動中に大勢のみちょぱファンが声をかけてくる中、若槻の15年来のファンだという男性が駆けつけると、「私の大切なファンです」と紹介し、ファンを大事にする一面を見せた若槻。

そして、センター街の脇道を抜けて少し歩いたところにある居酒屋 「6年4組」で食事をしようという流れになった。 学校の教室を模した店内で、「理科のお勉強」「虫カゴ観察」といった謎メニューや、「揚げパン」「ソフト麺」などの懐かしい給食メニューをオーダーした二人。料理を待つ間に「今も給食ってこういう感じなのかな? 昔はクジラとか……」と懐かしんだ若槻は、みちょぱの「私も食べました!」という発言に対し、すかさず「10代はクジラ食べてないでしょ!? 年齢詐称疑惑あるよ~」「(実年齢)言うなら今日だよ!」と激しくツッコんだ。

さらに、いずれは自身の番組を持ちたいと語るみちょぱを「けっこう野望強め~! ライバルでした!」と可愛がる若槻はすっかり業界の先輩といった雰囲気で、「17歳だしギャルだし、ぜんぜん噛み合わないのかと思ってたけど、年齢詐称してるだけあって話が合ってビックリした」と、最後までイジりまくっていた。


(C)AmebaTV


■関連リンク

若槻千夏と生で行ってみた|AbemaSpecial




続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000