芸能人の熱愛タレコミ写真の報酬 安くて5~10万円、高くて100万円

昨今週刊文春がスクープを飛ばしまくっているが、中には一般人からのタレコミもある。それをいかにして芸能人は避けるべきなのか? また、タレコミの報酬はいくらなのか? 4月11日に開局した“無料で楽しめるインターネットテレビ局”の「AbemaTV」で同日夕方5時から中継された芸能リポーター・井上公造氏による『芸能㊙チャンネル』で、同氏がそこらへんの事情を解説した。

同番組には、俳優・三浦翔平(27)と元SKE48で現在女優・タレントの松井玲奈(24)が登場。

井上氏は「交際報道」について避けたい芸能人に対し助言するのは「付き合ってないのであれば並ばないように」ということだった。並んでしまうと、その部分だけを切り出した写真が撮影され、あたかも二人だけで食事をしているかのように思えてしまうからである。これには三浦も松井も自身がいつかは当事者になる可能性もあるだけに納得している様子だった。

ここで三浦はタレコミの報酬について井上氏に質問。スマホで撮影した写真がどのような扱いになるのかを聞いたのだ。井上氏はこう語る。

「テレビはその写真は買わない。買うとしたら雑誌。皆が思っているほど高くはない。人によります。翔平さんがマツコ・デラックスさんと路チューしていたら高いです」

これに対し、三浦は「セリが行われるの?」と聞くと井上氏は「衝撃度が多いほど高い。本当に安いのは5万~10万円、高くても100万円」と回答すると松井は「安くても5万~10万するのですか?」とさらなる質問を。

井上氏は「デビュー前に付き合っていた人が、昔の彼氏の写真を出したりすると5万~10万円になる。やっぱ、相当文句言いたくなるだろうね。実際に弁護士を出してクレームをつけたりもすることはあります。皆さんは500万円とか1000万円になるかもと思うかもしれませんが、そんなのは全然ない」と芸能人のスクープをメディアに売る場合の相場を説明した。


【関連記事】

・芸能㊙チャンネル(AbemaTV)

https://abema.tv/channels/abema-special/slots/NrUQgBbZsWe

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000