米内佑希さんがチアに挑戦!? 岡本信彦さん、小野友樹さんも登壇した『チア男子!!』ステージレポート【AnimeJapan 2016】

3月25日(金)~27日(日)に東京ビッグサイトで行われた「AnimeJapan 2016」では、今後放送される話題作が続々と新発表された。その中でも目玉のひとつとなっていたのがこの『チア男子!!』。戦後最年少受賞の直木賞作家・朝井リョウさんの青春小説がTVアニメ化!

監督は『アオハライド』の吉村愛さん、シリーズ構成は『ガールズ&パンツァー』の吉田玲子さん、キャラクターデザイン原案は『テガミバチ』の浅田弘幸さん、キャラクターデザイン・総作画監督は『ワールドトリガー』の鶴田眸さん、アニメーション制作は『夏目友人帳』のブレインズ・ベースという豪華スタッフ陣が公開されており、2016年7月からの放送を予定している。

27日(日)のオープンステージで行われた本作のステージで、最初に現れたのが黒と黄色のユニフォームの男性たち。会場からはリズミカルな拍手とともに、技が決まると歓声が上がった。男性ならではの高さや迫力で、見ごたえのあるパワフルなパフォーマンスであった。

彼らは早稲田大学男子チアリーディングチーム「SHOCKERS(ショッカーズ)」のOB。そもそもチアリーディングはアメリカが発祥で、どちらかというと女性のイメージが強い。男女共同でパフォーマンスをするチームが多い中、世界中でも男子だけでチアをやるのは日本が初という。


続いて坂東晴希役の米内佑希さん、橋本一馬役の岡本信彦さん、徳川翔役の小野友樹さんが登壇し、大きな拍手で迎えられた。坂東晴希を演じる米内さんは今作が初の主役。小野さん演じる徳川翔は唯一チアの経験者で、彼が物語のキーマンとなるようだ。

アニメは7月からの放送のため、実はまだ収録も始まっていない。キャスト陣と会場のお客さんが持っている情報はまだ同じとのこと。不思議な一体感とともにトークは進んでいく。

▲左から小野友樹さん、米内佑希さん、岡本信彦さん


ここからは特別企画「チア男子、原作者来るってよ!?」のコーナー。この重大発表に会場は騒然! 原作者の朝井リョウさんが登場し、「好きな声優は?」という軽快なトークから始まった。男子チアリーディングという題材を扱った経緯に関しては「大学に入ってから初めてSHOCKERSのパフォーマンスを見て、これは書かずにはいられないなと。生命力がすごく、どんなメンタルなんだろう?と気になり、書くことで疑似体験ができるのでは」と振り返る。

▲朝井リョウさん


TVアニメ化の話をされたときは「一般小説はなかなかアニメ化されることも少ないので、とてもびっくりした」という。「(小説では)たくさんキャラクターが出てくるので書き分けが大変。チアリーディングの動きを言葉で表すのは難しく、そういった意味でアニメ化は一番ありがたい展開だ」と語った。

最後に会場のお客さんへ「エンターテイメントとして、面白い要素を凝縮しようと思って書いた作品なので、その作品がもう一度生まれ変わってみなさんに届けられるということを本当にうれしく思っています。ぜひ応援していただければと思います」というメッセージで降壇した。



その後、特別企画第2弾「チア男子やってみよう!」で「SHOCKERS」のOBが再び登場。企画名通り、主役の晴希を演じる米内さんがエレベーター(持ち上げられる技)に挑戦することに……!

3メートル以上の高さになった米内さんは手をVの字に開き、しっかりとポーズ! 降りてからは「すごく怖かったけど、気持ちよかったです!」と感想を述べた。



最後はキャスト陣のアニメに対する意気込みが語られた。

小野さんは「初めてのチア男子のステージでしたが、その雰囲気だけでも、そして徳川翔くんは服の趣味が悪いというだけでも覚えていってください!」、岡本さんは「この場に立てたことがとてもうれしいです。たくさん登場人物がいるので、そのキャラクターたちがどのように群像劇を描いていくか。これからもイベントがあったら来てください!」、米内さんは「最高の原作に最高のキャスト、最高のスタッフでお送りできる作品だと思います! 最後まで目を離さずに見ていただけたらなと思います」とコメントをし、和やかな雰囲気でステージは幕を下ろした。

■TVアニメ『チア男子!!』PV第1弾



<作品情報>

TVアニメ『チア男子!!』


<スタッフ>
原作:朝井リョウ「チア男子!!」(集英社文庫)
監督:吉村愛
シリーズ構成:吉田玲子
キャラクターデザイン原案:浅田弘幸
キャラクターデザイン・総作画監督:鶴田眸
アニメーション制作:ブレインズ・ベース


<キャスト>
坂東晴希:米内佑希
橋本一馬:岡本信彦
徳川 翔:小野友樹


(C)朝井リョウ/集英社・チア男子!!製作委員会



続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000