大泉洋・長澤まさみ・有村架純、映画『アイアムアヒーロー』の撮影裏話を語る【GirlsAward2016】

4月9日(土)、東京・国立代々木競技場第一体育館にて日本最大級のファッション&音楽イベント「GirlsAward2016 SPRING/SUMMER」が開催された。豪華モデルたちが登場するなか、無料動画配信サービス「AbemaTV FRESH!」では、「SUMMER Back stage LIVE」として、芸人が交代でMCを務める「カフェ」を“オープン”。ゲストにさまざまな裏話を披露してもらった。

相席スタートがMCを務める「カフェ」では、4月23日公開の映画『アイアムアヒーロー』から主演の大泉洋とヒロインの有村架純、長澤まさみが登場。

映画『アイアムアヒーロー』は、花沢健吾の人気コミックを実写化。漫画家アシスタントの鈴木英雄(大泉洋)が、謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で日本中が感染パニックに陥るなか、標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に向かい、道中で出会った女子高生・比呂美(有村架純)と元看護師・藪(長澤まさみ)と共に生き残りを賭けた極限のサバイバルをスタートさせるというストーリー。


同映画は世界三大ファンタスティック映画祭のひとつ、スペインのシッチェス・カタロニア映画祭で、観客賞と最優秀特殊効果賞をダブル受賞。ポルトガルで開催された「ファンタスポルト第36回ポルト国際映画祭」でも観客賞とオリエンタルエキスプレス特別賞を受賞、さらに米テキサス州オースティンで開催されたSXSW 2016のミッドナイターズ部門で観客賞を受賞するなど、世界が評価している映画だ。

撮影時のエピソードとして、有村は「(大泉が)付けているひげがイヤだって言ってました」と暴露。大泉がひげを付ける際に苦労し、それを有村の前でこぼしていたそうだ。また、大泉は、韓国での撮影が長かったので、有村や長澤と一緒にいてもあまりバレず、騒がれることがなかったのが気が楽だったと振り返る。

「ホテルの前のコンビニに行って、その前にあるテーブルでみんなで仕事の話をしながらお酒を飲んだりできるのが、なんとも気が楽でしたね。開放感があって」(大泉)

また、有村も長澤と一緒に街に繰り出し、買い物にいってご飯を食べるなど、リラックスした時間を持てた様子。撮影を楽しんだ3人が出演する映画について、

「どの世代の方も思う存分楽しめる」(有村)

「皆さんが楽しめる映画になっていますので、わーっと発散して楽しんでください」(大泉)

「かっこいい大泉さんが見られるので是非映画館に足を運んでください!」(長澤)

などとPRした。


『アイアムアヒーロー』は4月23日(土)より全国にて公開

(C)映画「アイアムアヒーロー」製作委員会 (C)花沢健吾/小学館

※AbemaTV FRESH!『GirlsAward 2016 SPRING / SUMMER Back stage LIVE』より


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000