鈴木おさむ、「赤ちゃんの10組中9組が泣き止む音楽」を紹介

映像配信プラットフォームサービス「AbemaTV FRESH!」、4月9日に「鈴木おさむのノゾキミ#9」がオンエアされた。通常同番組は、放送作家・鈴木おさむ氏が夜の深い時間に仲間とともに酒を飲みながら過ごす様子が流れるが、今回は夕方の時間にノンアルコールで「子育て」について語る会に。


登場した3人の芸人はオジンオズボーン・篠宮暁、オキャディー、パワフルコンビーフ・宮前幸多。彼らと子育てについて語り、様々な子育てグッズを試し、その感想を述べた。


前半は、「子どもが泣き出した時にどうするか」について語り合った。鈴木氏は、日産自動車と共同開発したという赤ちゃんのためのドライブミュージック『ココニイルヨ』を紹介。このミュージックの動画では、10組中9組の子どもが泣き止むという結果になった。


この流れから「普段子どもが泣き出したときにどう対処するか」という話題が出され、篠宮からは「『スー』や『シー』などの音を出すと子どもが泣き止む」、オキャディーは「顔の上にタオルをフワっとあてる『フェイスティッシュ』をやる」。宮前は、「タオルを顔に置くと、そのまま寝てくれる」と、それぞれの子どものあやし方について紹介した。


後半は、芸人3人が、それぞれがおすすめの子育てグッズを3点ずつ紹介。もっとも良いプレゼンをした人には、番組が用意した人気のベビーカー(2万円相当)を賞品として渡されることに。結局、3人の中で一番よいプレゼンをしたとされたのは、100円の紙パックホルダー、『はらぺこあおむし』などのミニ絵本、ペットボトルにビーズを入れたお手製のガラガラを紹介したオキャディーに。自ら「値段重視なんです」と語るだけあって、コストがかからずマネしやすいことで、視聴者や鈴木氏から高評価を得た。


※AbemaTV FRESH!『鈴木おさむのノゾキミ#9  Support by 日産自動車』より


【関連記事】

鈴木おさむのノゾキミ#9  Support by 日産自動車

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000