吉澤ひとみVS.芹那、「男を本気でオトす口説き飯」対決

4月11日に本開局を迎えるインターネットテレビ局「AbemaTV FRESH!」にて9日、プレオープン特番『吉澤ひとみvs芹那 男口説き飯料理対決!』が生放送された。

モーニング娘。OG・吉澤ひとみ、元SDN48・芹那が「男を本気でオトす口説き飯」をテーマに、それぞれが料理を作る過程を生公開。調理道具を扱う手つきや、何を最初に作るかという時間配分、手際の良さなどもすべて露わになるなか、出来上がった料理の判定を下すのはイケメンシェフ・有坂翔太。「プロ目線」と「口説かれる男性目線」を合わせ、鋭い目で料理を審査した。

番組の司会は、MC初経験のお笑い芸人・サンシャイン池崎。テンションMAXで突っ走ることで知られる池崎は、初MCということでさらにテンションもアゲアゲに。途中、吉澤の料理をメチャクチャにしようとするなど大暴走するなか、まさかの結末を迎えたが、終了時には芹那から「料理って黙々と作るから、うるさいくらいの人がいたほうがいい」と評価は上々だった。


■吉澤と芹那の「口説き飯」とは

既婚の吉澤は、「エビとアボカドのサラダ」「ポトフ風コンソメスープ」「なすチーズボート」「和風おろしハンバーグ」の4品。全体的に家庭的でやさしい味付けのものを用意した。

一方、料理は来客時などに気合いをいれて作るという芹那は、「にんじんドレッシングのサラダ」「ビシソワーズ」「ポルチーニリゾット」と、高級食材を使用した洋風豪華メニュー。

■“シェフチェンジ”池崎の大暴走に吉澤ひとみがマジギレ

吉澤が鮮やかな包丁さばきをみせたり、芹那がスープを作る際に材料をミキサーにかけて裏ごしにかけるなど、本格派の腕をみせたりするなか、番組では“シェフチェンジ”企画も。

吉澤と芹那が目隠しをして池崎と有坂がそれぞれ作った卵焼きを食べ、作ったのはどちらかを当てるという「利き卵焼き」で、勝ったほうが有坂と、負けたほうは池崎と“シェフチェンジ”。

負けた吉澤は5分間自身の手は動かさず、池崎に指示を与えて調理をするという企画だが、池崎は吉澤の指示を次第に無視。スープの食材を鍋に順番に入れるように指示されるも、全部を一気にぶち込み、コンソメも大量投入。吉澤は「ちょっとーーー!」とマジギレ! 池崎は「どう立て直すかも手腕のひとつ」と涼しい顔…。

有坂が“シェフチェンジ”となった芹那は、すりおろしにんじんのドレッシングには生姜をいれると良いなど、ランクアップのワザを伝授され、「レシピが進化した!」と大喜びだった。


■“池崎暴走スープ”がまさかの評価、吉澤が勝利

実食の段階になり、有坂は吉澤のレシピに興味津々。とりわけエリンギを入れたハンバーグには、「大正解!」と太鼓判。エリンギを入れることで冷めてもやわらかいと新たな発見をしたようで、その他にも余ったハンバーグのたねを利用した「なすチーズボート」には「もったいない精神はポイント高い」とも評価した。

池崎が暴走して心配されたスープには、「野菜を鍋にぎっしり詰め込み、ひたひたの水で煮たため、型崩れせず、蒸された状態で野菜の甘みが引き出された」と分析したうえで、「僕のレシピを変えようかなっていうくらい。スープの概念を覆された」と唸った。

芹那の料理には、難易度の高いレシピにチャレンジする姿勢を評価しながらも、米が固いまま仕上がってしまったリゾットが“惜しい”結果に。「夫が高評価をした」料理ばかりを揃え、「勝ちにきた」吉澤の勝利となった。

なお、この番組は無料動画配信サービス「AbemaTV FRESH!」にて同時放送。「AbemaTV FRESH!」では放送終了後もアーカイブ視聴できる。


【関連記事】

・胃袋とハートをがっちりキャッチ 吉澤ひとみvs芹那 男口説き飯料理対決!(AbemaTV FRESH!)


※AmebaFRESH!『胃袋とハートをがっちりキャッチ 吉澤ひとみvs芹那 男口説き飯料理対決!』より

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000