MCニガリVS.T-PABLOW「高校生ラップ選手権」対決が実現 『フリースタイルダンジョン』REC6レビュー

3月に放送された『フリースタイルダンジョン』REC6。まず「6-1」の放送ではいきなりMEGA-Gが登場。グループ:JUSWANNAでは「BLACK BOX」や、ソロとしても「JUSWANNA is dead」をリリースしている中堅実力派である彼が指名したのは、彼と同じMSCのメンバーであり、そのボスである漢a.k.a.GAMI。

そのドラマにワクワクさせられるが、“ガリガリサリ”についてラップした漢に対して、MEGA-G「おい、あんな女と出すなら俺と出しなよ音楽/分かる?ヤバいコラボ」というMEGA-Gの呼びかけに賛同したヒップホップ・リスナーも多かったのではないだろうか。親しい故か互いに踏み込みきれないバトルではあったが、そこに垣間見える友情は印象深かった。

続いて登場するのは、サイプレス上野(以下サ上)主催のバトル「ENTA DA STAGE」での優勝経験もある押忍マン。その彼が指名したのはサ上と、こちらも因果を感じる展開。しかし「俺の存在は規格外/もっとこの先が見たくない?落としていく爆弾は起爆剤/お前の200倍」という韻でサ上をクリティカル撃破。

続くT-PABLOW、隠れモンスター:焚巻もクリティカルで破り波に乗る。そして4回戦にはR-指定が登場。先行で初手からグイグイ攻めていくR-指定に対して、押忍マンはスタミナ切れか、やや防戦といった状況で結果はR-指定のクリティカル勝利。しかし、その男くさい佇まいとラップはしっかりと視聴者の記憶にしっかりと残っただろう。

『フリースタイルダンジョン』はAbemaTVで配信中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000