『劇場版 響け!ユーフォニアム』新規カットを特別公開 【AnimeJapan 2016】

2016年3月25日(金)から27日(日)にかけて行われた、世界最大級のアニメイベント・AnimeJapan 2016。その2日目である26日(土)に、1500人収容のREDステージで「劇場版『響け! ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~』スペシャルイベント」が開催。その模様をお届けする。


超満員のREDステージにイベント開始と同時に登場したのは、TVアニメ版のオープニング主題歌「DREAM SOLISTER」を担当したTRUEさんで、同曲をフルコーラスで力強く熱唱。客席ではあちこちでサイリウムが振られ、熱気の高まりが感じられた。


ライブが終わると、吹奏楽部顧問の滝昇役を務めた櫻井孝宏さんが司会として登壇。TRUEさんとのトークで、劇場版のオープニング主題歌になる吹奏楽バージョンの「DREAM SOLISTER」が、生演奏に合わせた一発録りでレコーディングを成功させたエピソードなどが語られる。

トーク終了後にTRUEさんに代わって本作の声優陣である黄前久美子役・黒沢ともよさん、加藤葉月役・朝井彩加さん、川島緑輝役・豊田萌絵さん、高坂麗奈役・安済知佳さん、田中あすか役・寿美菜子さん、小笠原晴香役・早見沙織さんの6人で、予告映像を上映した後に劇場版に関するキャストトークが繰り広げられた。


その中で櫻井さんから、アフレコを全編再収録したことが明かされたが、豊田さんが過去に一度あっただけでみな初体験だったという。さらに印象深いシーンをめぐるトークでは、安済さんが「久美子との心の距離感を縮める登山のシーン」をピックアップ。それを受けて黒沢さんが「久美子と麗奈が同じ熱量を持って挑んでいたのがTVシリーズだったりするんですけど、今回は久美子が結構受けに回ったという印象があります」と語り、キャラクター同士の関係性が劇場版では少し変わることを明かした。


その後、劇場版の新規カットとして、TVシリーズ第5話で披露されたサンライズフェスティバルでのマーチングシーンのフルバージョンが上映。これには「謎ステップがちゃんと見られる!」と声優陣の皆さんも大喜びで、櫻井さんも「こうした新規カットが劇場版の醍醐味のひとつ。4月23日の公開後には、TVアニメ版を全部見直してから劇場版を見て、その違いを楽しんでほしい」とコメントしていました。


その後もトークイベントは続き、「今さら聞けないユーフォニアム」と題して声優さん同士が質問を投げかけあうコーナーがスタート。その中で黒沢さんは「4月10日に20歳になるけど、やり残したことはありますか?」と朝井さんに聞かれ、「やり残したことはないと思います」と返答しつつ、「『ユーフォニアム』のスタッフにはお酒好きの方が多くて、安済さんには美味しいマッコリを飲ませていただく約束になっています」と明かしていた。


さらに寿さんからの「最近怒ったことは?」という質問に、早見さんが「LINEで聞いてよ(笑)。怒ったことはあると思うんですけど、寝ると忘れちゃうんです」と回答。また、最後に安済さんから「これを聞きたいのは本当は1人なんですけど、麗奈のこと、どう思いますか?」との質問が飛ぶと、麗奈に想いを寄せられている滝昇役の櫻井さんに会場の視線が集中。「好きですよ。登山シーンの2人のやり取りにドキドキしちゃって。真っ直ぐでひたむきでウソがなく、危なっかしいけど魅力的だなと思います」との答えを引き出した安済さんが、大喜びで「ありがとうございます! 先生ー!!」と叫ぶ一幕もあった。

イベントのラストを飾ったのは、本作のマスコットキャラ・チューバくんの等身大着ぐるみ。これにはキャスト陣も大興奮で、現在発売中の「ぷにぷにチューバくん」付き劇場版前売券の宣伝そっちのけで盛り上がっていた。特に朝井さんと豊田さんのお2人は、チューバ君が舞台を降りるまで片時も側を離れないほどだった。

そして登壇者&観客一丸となっての「ファイト、オー!」の掛け声でイベントは幕を下ろしました。そんな賑やかなキャスト陣の渾身の演技を通して青春を再体験できる、『劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~』は、2016年4月23日(土)から全国の映画館で公開。こだわりの音響設備と大画面で本作をもう一度楽しみたいという人は、ぜひ劇場に足を運んではいかがだろうか。

『響け!ユーフォニアム』深夜アニメチャンネルにて一挙放送

前半:4/25(月)22時/後半:4/26(火)22時

(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000