ピエール瀧容疑者、広がる逮捕後の影響 NHK大河『いだてん』シーンカット、映画『居眠り磐音』は代役撮り直し

 麻薬取締法違反の疑いで逮捕され、14日に検察庁に送検された、ミュージシャンで俳優のピエール瀧容疑者(51)。出演作に逮捕後の影響が相次いでいる。

 NHKは、瀧容疑者が出演中の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』において、16日に再放送予定の第10話で、瀧容疑者の出演シーンをカット。さらに今月放送予定の3話のうち17日分はもともと出演していなかったものの、出演予定だった24日、31日放送分に関しては、瀧容疑者の出演シーンをカットして放送すると発表した。


 大河ドラマ『いだてん』の撮影は6月放送分まで進んでおり、瀧容疑者の出演シーンについては、早急な判断が迫られているという。

 また、瀧容疑者が出演していた、松坂桃李(30)主演の映画『居眠り磐音』は、瀧容疑者の出演該当箇所を撮り直し、予定通り5月17日に公開するという。


 映画関係者によると、この映画で瀧容疑者は物語のキーマンを演じており、早急に再撮影して公開に間に合わせる見込み。代役の出演者については後日改めて発表が予定されている。

(AbemaTV/『AbemaNews』より)


コカイン依存経験者が語る恐怖「助けてくれるところがなかった」ピエール瀧容疑者を逮捕▶動画はこちら【期間限定・無料】

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000